« 道頓堀極楽商店街 | トップページ | 東関部屋千秋楽祝賀会 »

2006年3月20日 (月)

遠路はるばる

今日はスウェーデンから客人が秘密基地まで見学に来てくれた。元は本業がレタッチで、ソムリエ兼酒輸入業者であったが、晴れてM&Aで酒専業となられた人で、食品関係商社のお友達とごいっしょである。

純米酒の留後1日目の状貌は月の表面を天体望遠鏡で見たような眺めである。IMG_20215 そんな静的色調なのだが、よく見ると活発な変動がおこりつつあるのだ。異国からの輸入業者と発酵タンクを覗き込んでみる。ぶくぶくと泡が湧き出し、液体が蒸し米の表面がにじみ出て見る見る流れが液溜まりとなり表面を覆いつつある。

|

« 道頓堀極楽商店街 | トップページ | 東関部屋千秋楽祝賀会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠路はるばる:

« 道頓堀極楽商店街 | トップページ | 東関部屋千秋楽祝賀会 »