« さまよえる日本酒 | トップページ | 米の種類での味の違い »

2006年6月30日 (金)

梅酒やるのか

最近の梅酒ブームは神の手だ。多くの蔵元が救われている。和歌山でリキュール免許を持たずうろうろしていると、営業に行くと「やらないの」「やるんですか」と聞かれてしまう。

今日は、梅干しメーカーから梅酒分野に拡張されたメーカーと、梅酒限定の卸免許を取られた業務卸の社長が来臨。第三の道を巡って共感と熱意の交換が行われた。リキュールについては勉強していなかったので知識はない。ベースとなる酒類メーカーと投入される梅そのものを本業とするもの、どちらが製造するのが望ましいのだろうか。

この数年、日本酒需要ダウンの中で、ベース酒類メーカーが梅を買って新規参入し、チョーヤさんだのが開拓したマーケットに攻め込んできたのだ。たしか焼酎強かったとな、とか、ちょっと違った視点で自己主張してなかったか、とか思われる蔵の日本酒ベースの梅酒が続々小売店頭に押し寄せているのだが。しかし待てよ。梅酒なんだから、梅屋がやればいいだろ、などいう蔵元は珍しい。和歌山にあって、狭いの、忙しいの、免許がないの、おまけに変人と条件の揃った当社にブランドタイアップのお誘いが舞い込んできたのは、自分が考えても理由のあることだった。

ここから先は、伏せるが。私は本物の酒を提供する、最良の梅の確保は梅産地業者が勝る。日本酒づくりではなくエキスの抽出その他で、梅酒専業者の工場が優る可能性が高い。提携して最良の梅酒を造り共に売ったらおもしろいだろう。

|

« さまよえる日本酒 | トップページ | 米の種類での味の違い »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅酒やるのか:

« さまよえる日本酒 | トップページ | 米の種類での味の違い »