« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

夏こそ燗酒

8/27(日)泊まり込みまでして京都へ出かけた。蔵元交流会の第4回燗酒楽園にお誘いがあったからだが、立場上背広を着て乗り込んだ。どうも会の都合もあるようで機械屋さん達と2次会へ繰り出す。いや日曜に京都で飲めるのなんて何十年ぶりだろう。Img_28412

パンチ木下氏のTシャツがほぼすべてを物語る、エキセントリックなイベントであった。(京都へ行って地酒と関西のこってり文化に興味のある人はここをチェック。河原町三条下がる夕鶴ビル1階奥、「地酒バー膳」075-213-5447)関西の味の本質について伺う。

さて、会場では、なにせこの夏に地酒イベントで純米酒の燗酒しか提供しないのだ。私なりに、この燗酒について考えて見ることにした。

蔵元交流会は約70藏加盟でこの日京都には35藏が参加。400名参加で満員御礼、会費は10000円。着席形式でオードブル的コースが出る。参加賞の杯で、壁際に並べた各藏のテーブルを飲んで廻る。営利会社が行うイベントと異なり、ボランティア的に会員蔵元や酒販店が参加して、「安酒相手に純米酒が相撲を取る」趣向など行っているのは和気藹々としたものを感じさせてくれた。代表幹事の森喜秀樹氏が挨拶され、ちなみに上原浩先生は亡くなられているので、富部先生が乾杯発声される。漫画家の尾瀬あきら氏とエッセイストの藤田千恵子氏も参加されていた。

当社も純米比率は会員藏の平均以上のはずで、純米酒こそ日本酒復活の中心となるべきだとは思っているが、純米だけが本物だという哲学は私にはない。まして燗酒への傾斜はないというのが事実で、燗酒も歓迎するが、何もそこまでというのが正直な実感で、常温で利き酒するオプションがなかったのは驚きだった。

業務店が面倒がる、消費者も大抵面倒がる、いいとは思うが一般的ではなくなっており、愛好家が家庭で楽しむ一種の一日の終了儀式だろうくらいの観察をしていた私は、まず彼らの主張をパンフから解読することにした。

1.純米酒には琥珀酸が多く含有され暖めると美味しくなる。

2.アルコールは体温近くで体内に吸収される。燗酒はアルコールの吸収が早く、酔い覚めも早い。

3.冷酒は吸収に時間がかかるので後で酔いが廻ってしまうので飲み過ぎやすい。

なるほど。私が翌朝までにまとめた感想はこうだ。

燗酒にすると、酸味が柔らかくなり、酸っぱさや渋みが取れて感じる。やや酸度の高い酒でもまるく感じるのだ。昔昔のその昔、酒はほぼすべて純米酒だった頃、米の精白は低く、おそらく酸度はもっと高かったろう。燗酒はその雑味を取るか感じにくくする、つまり飲みやすくするための工夫だった可能性がある。今、極端な高精白を見直すむきもあるが、これは燗酒の再普及運動と同じ流れにつながっている。そして淡麗辛口から旨味重視への嗜好変化もある。旨味はアル添より純米の方がある。充分米の旨みを引き出すには、ある程度酸度を高めなくてはならない。高酸度の酒は、少し前なら雑味があるとか、綺麗さが足りないとか、エレガントさがないとか、好き放題言われる原因だったが、これをクリアするため、山田錦のような米を高精白する必要があった。燗酒が見直されれば、こういう声は気にしなくてすむ。

たしかにいい運動だが、冷・常温の良さもあるので、多様な楽しみ方を日本酒はできることも、忘れるべきではないと思う。こうなるとあとは「アル添研究会」とか「香り系命の会」とかの登場を待つばかりである。あれだけ予算のありそうな、大手中心に「パック清酒コンテスト」をなぜやらないのだろう。「カップ酒コンテスト」は今年もやるらしいのに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

圃場視察(富山県・南砺市)

今年も富山県の五百万石の圃場視察に参加した。米屋さんの招待待遇であまりいい傾向ではないが、今年は甘えることにした。富山県西部、砺波平野の南部地域は合併して南砺市となったが、旧井波町内である。「JAとなみの」さんと意見交換会をしてから、総健農法での耕作グループの会長岩倉さんの車に乗せていただいて8カ所まわった。一部山田錦も栽培されている。総健農法というのは土壌改良剤に微生物を利用しているらしいが、酒造業者にはちんぷんかんぷんの話である。聞けば、収量は反8.5俵ほどのところ9.5俵程度まで増えると言う。この農法を採用した五百万石は今年5.3ヘクタール、山田錦は3.6ヘクタールである。ここの五百万石は非常に長い穂を垂れており、月末頃刈り取り予定という。1本の穂に120粒くらいは実がついており、穂の根元まで実が入るのを待てば、先の粒は胴割れするので、頃合いを見計らっているとのことである。山田錦は2、3日前に穂が出たところで走り穂は垂直に立っている。今年は青虫が多く葉を食われているのが目に付いたが、それはあまり農薬をやっていないことを意味した。坪45本の薄蒔きである。岩倉さんは全部で35ヘクタールを耕作する米専業農家で、あちこちと耕し手のない田も請け負っているまさに担い手である。水は庄川から引いてくるようで非常に豊富、南方の山岳地帯からの吹き下ろしを遮るため、散居村の大型農家は南西側に防風林「かいにょ」をもうけている。圃場は1枚3反平均と和歌山あたりとは比較にならないほど大きい。Img_26872 八乙女山には八の字形に切り払われた斜面があり、松明をそこで炊くというから、京都の大文字焼きの影響があるのかもしれない。10人くらいでぞろぞろ圃場を見て回ると何だか楽しい気分だ。妙におもしろかったのはJAの軽乗用車で、「これ以上、海外に頼りますか?日本の食料」のキャッチフレーズと、日の丸を逆転させて白抜きで「国土と安全安心を守る」のマーク、そして下端に「富山県JAグループ」と大きなシールが側面に貼られている。これって、東京とかでキャラバンやるなら効果はあるのだろうけど、圃場廻りで貼っていてもどうなんだろう。時期はともかくとして、ここの米が藏へ入って酒になる。地元の米で作らないと本物の地酒じゃない?和歌山の藏に言うなっての。一部は県内で契約栽培もしているが酒造好適米はそれでは足りないし、台風のリスク分散やら、顔の見える関係で原料を調達することを理想にしているので各地で契約栽培をお願いしているのだ。ちなみに売り先も顔の見える関係で出荷していくのが私の理想である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

業態とノーザンライトスープレックス

 長駆、北関東から福島まで急行、進出する途上、新横浜で途中下車、市営地下鉄でほん数駅の「仲町台」のダイニング・バー「ソ・ノ・ラ」で夕食をとることになった。ダイニングバーというタイトルは、ムードはバーですけどお食事も出来ます、というコンセプトらしい。まだ焼酎がカウンターのほぼ全面にならんでいるが、純米酒を持ち込む。そのくせ自店の木枡まで作っているから、バーという限りは演出に凝るというわけか。(仲町台1-22-18 プロミネンス2F 045-943-5545)Img_25792

 言われてみればどの町でもありそうな業態なのだが、案外地方では見かけない。和歌山あたりではスナックまで行ってそこで出前を取るとか簡単なお食事メニューを提供するというのはあるが、最初の1店目で夕食を済ませることも重視した店はない。そのまま飲んでもいいし、最初から飲むのが目的でもいいのだ。こういう都市近郊の住民が普段どこでどう余暇を消化、消費しているのか、考えるにはいい機会だ。家族構成、階層等により当然ライフスタイルは影響を受ける。少し余裕のあるシングル層を中心に、こういう所で夕食を取る回数が多くなるのかもしれない。

 横浜市都筑区は横浜市の北部に位置し、平成6年に港北区と緑区の一部を併せてできたようで、北・中部は港北ニュータウン。タウンセンター地区は横浜の副都心をめざすそうな。横浜環状鉄道線(日吉~中山)の開業も楽しみだ。
 人口増加が著しく、平均年令が横浜市内で最も若い、いやニッポンでも活力という面ではトップクラスのエリアだろう。何も私は不動産投資物件を漁りにに来たわけではないのだが、住民の呑人さんはこう解説してくれた。「でもね、BMWとか高級車がずらりと100円回転寿司の駐車場に並んでるんですよ。」 なるほど、すごく適確。自分もこういうところで定着していたかもしれないなぁ、とか運命を感じながら放浪派経営者となった私は、酒の酸味が盃数を重ねるごとに消えていくのを感じていた。

  それにしてもプロレスファンの呑人に合わせるためでもなく、プロレスラーいや衆議院議員馳浩先生の話で盛り上がった。本気で首相狙ってるのかとか、頭良さそうだとか、ノーザンライトスープレックスとはどういう技かとか。この前、中小企業家同友会の全国総会が金沢であった時に懇親会で文部副大臣として挨拶をされるのを聞いていたのだが、プロレスとか石川の議員は誰かなど全然知らない私は、あの議員は絶対、官僚出じゃないな、非常にわかりやすく話すスポーツマンタイプで、体育の先生とかじゃないかとか、思ったら、まったくそのとおりだったわけだ。カナダで悪役もこなされたよし、選挙区は違うがぜひ応援したい先生だ、なんて書いたら、お前政策とか聞いてないだろとか、つっこまれそうだ。米・ミネソタ州ではジェシー・ベンチェラというプロレスラーが知事になったけど、女性の首巻きみたいなボアをつけてた選手で売春の合法化発言など物議をかもした人だ。和製ベンチェラとかでなく、教育者でオリンピック選手の方でがんばってほしいけど、乱闘では松波先生のように水はかけずにスープレックスをかけてほしいス。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

下駄市

今年も下駄市が海南市黒江・船尾地区の「川端通り」を中心に行われた。当社は川端通りの東端から北東方に広がる広場を保有している。民有地なのだが道の狭い後背地への配慮もあってか半ば開放された広場状態である。米、瓶、機械等大型車での資材搬入はこの広場へいったん降ろして、小型車に積み替えないと藏前の角を曲がれず藏に搬入できないのである。和歌山市東部と海南の旧市街を結ぶ、昔は熊野街道であった抜け道的なこの県道は、当社正面の角ではImg_24932 10トンダンプ程度までしか曲がれない。永年、当社は批判の矛先となり、私も気にしてきたことではある。しかし最近はどうも風向きが変わって、歴史的町並みの保全だとか、拡幅されれば、大型車が大量に進入してくるようになりかえって危険だとかの声も聞こえてくるようになった。当然一軒だけで済む話でもないので、当分はこのままだろうということになっている。

その広場は毎年8月14日は下駄市に合わせてバザールになる。運営は外部にまかせているのだが、こちらは売店前だから社員がビールを売ったり、利き酒場は休憩場となる。お盆で帰省した人達の旧知との出会いの場でもある「下駄市」は、黒江の漆器商への奉公人に盆の藪入りの際に下駄を持たせたのが由来と聞く。夏期賞与の添え物みたいな感じであるが、休暇の少なかった時代の商家の雇用慣行がどんなものだったか、今は知ることもできない。そしてもう今ではまるで下駄は売っていない。寺社の縁日のように夜店が出ているだけである。考えて見れば、黒江の2大イベント、「漆器祭り」「下駄市」は周辺の寺社はどちらも関係がない。神社の祭礼は別にある。漆器祭りは漆器屋の組合が中心となり運営されるが、下駄市は自治会が背負わされているようである。由来的には漆器も関係があるし、漆器に関係する仕事に就いている人も多い地区だけに、伝統産業会館の方でも青年部中心に漆器振興に結びつけようと努力されているようで、NPO法人も参画するようになったらしいが、自分の所で忙しくしていると会場地区の反対側がどうなっているのか人に聞くばかりであまりよくわからないのである。当社社長の考えでは「賑わいを創り出して盛り上げればいい」ということなのだが、こんな時まで商売していると見られることもあるので、とにかく自社の広場内で「場の提供」に徹しているのが現状である。駐車場は小学校などで運動場を提供しているが、交通規制で警察にも負担になっているようである。年々西の方へ夜店が遠のいて行き、当社の広場が東の端で孤立した感じになっている気がする。まぁ地元お盆の風物詩ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »