« 雇用・能力開発機構和歌山センター | トップページ | グッチ »

2006年11月23日 (木)

近鉄アーバンライナー

  急いで新幹線に乗る時のJR東海のEエクスプレスはよくできた仕組みで結構使う。おかげでJR西日本の方はできるのはわかっているがあまり使わない。東京=新大阪間は東海なので仕方がないか。乗車券は海南駅で東京までの往復乗車券をJR西日本で買うと一番安く出張できるからそう住み分けている。近鉄のアーバンライナーにこの前初めて乗ってサイトで予約購入できるようにしたら、使いたくて仕方がなくなり、わざと遠回りしたら、余計に1時間20分かかり、790円高かった。

 午後3時に東京へ着こうという予定で午前9時38分の海南発の特急に乗った。いつもは新大阪まで乗ってしまい、新幹線に乗り換えればいいのだが、天王寺で降りて環状線で鶴橋へ、ここでサイトで予約購入した特急券を受取り、11時6分のアーバンライナーに乗れば、午後1時5分に名古屋。1時25分ののぞみに乗って3時6分に東京である。新大阪廻りなら1時46分には東京に着いていただろう。ただし、混雑する新幹線よりは空いていてゆったりするし、鶴橋で20分は休憩できる。どうも人間は移動速度で疲労は違うようだ。新幹線の乗り心地はいいが微妙な振動の質が違うように思ったが振動だけではないような気がする。地磁気の変化とかいろいろあるのではなかろうか。乗車券を往復にしていればもっと差がつくし、忙しい時にこんな呑気なことはそうしていられない。

 なお目的地が名古屋なら当然近鉄廻りの方が2090円安いし、時間差は1時間3分しかない。名古屋駅の地下商店街はチケットショップも多く買いやすいのも覚えておく必要がある。

 なお写真は海南駅のホームから見た駅前広場正面付近である。まともなビルは医者関係くらいな小都市である。ちょっと最近ニュースネタで出た建物も見える。やれやれ。Img_4477

|

« 雇用・能力開発機構和歌山センター | トップページ | グッチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近鉄アーバンライナー:

« 雇用・能力開発機構和歌山センター | トップページ | グッチ »