« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

活性にごり

2006年のうちの蔵は「活性にごり」の爆発で終わった。30日で私も配達便は終わり蔵は年越しの杜氏達しかいなくなった大晦日、試験的に純米酒のもろみを汲んでザルで濾した(これでも税法上は清酒である)というので、メーターが-5で、10日前に詰めて今まで冷蔵庫に入れていたとか確認し、味見しようとしたのだが。

Img_5216 垂直方向に静止して置いた状態でそっと開栓したら、見事な爆発と噴出で中身の6割以上がこぼれる結果となった。

これくらい粕分が入っていたら冷やしていてもダメで、詰めてからの日数が10日も経てば商品性などまるでないのがよくわかった。

せっかく試したのだから教訓を探すと、

1.誰彼なく売れる物ではない。本当に限定した相手にしか出せない。

1.消費者には、もしそういう物を手にした場合は、瓶をよく拭いてボールの中に置いて、手ぬぐい等で栓が飛ばないようにかぶせて、手は腕をめくって服が汚れないようにし、そのうえで開栓し、半分以上噴き出ても回収できるようにしておくよう注意を促すこと。

1.詰めてすぐ消費されることを前提とし、クレーム処理でバタバタすることを思えば、一切やらないか、ガスが抜ける特殊栓を必ず使用すること。

だろう。それにしてもこういうものを、注力して売っている蔵も結構あるのだから大したものだと思った。Img_5218_1

年末の爆発は吉と思って飲んでみると、炭酸ガスの香りが強く、吟醸香を感じられるものではない。しかし味わいは極めてガスッ気が強いわりに旨味、甘みも楽しめるコンディションで悪くはなかった。

これはパーティー需要、それも極めて制限付きの使用が求められる。何か爆発的に当てたいとか盛り上げたい向きには、パーティー等で試してみては、という材料で、小売店、それも地酒のことがよくわかった所に相談されたい。当社はやらないので、どこかのを探してくれると思う。「活性にごり」とご指名のほどを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

キッチンストリート

前日の記事は初めて現地で携帯から送ったものです。普段携帯のメールは使わないのでものすごく打つのが遅い。画像は同じ条件で撮ったデジカメの画像に比べるとそう見劣りしないから、携帯からブログへ投稿するのが普及するのは当然だと思った。

Img_49732_1 東京駅へ出店するというのは、飲食業界人なら夢の最高峰に登るようなものだろう。資金力があるというだけではかなわない。出店実績とかいろいろ問われるから。

まずは「おめでとうございます。」である。O社長には当社も面倒をみていただいている。そばは店の奥の機械で打つから鮮度がいい。酒の方は時々わざときらされるが「黒牛」もあるらしい。味は食通の社長が夜は大抵ホールに入ってられるから、職人もへたなものは出せないはずである。便利すぎるほど便利な立地だから、是非一度寄られることをお薦めするお店です。

東京駅八重洲北口1階キッチンストリート奥 

TEL 03-3284-1768  AM11-PM11(オーダーは10時半まで) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

和食楽寛そば処山水宝

和食楽寛そば処山水宝

12月20日 東京駅のキッチン・ストリートに開店されるお店のお披露目に出席してきました。携帯が使いずらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

これがその違いだ

 3連チャン上京だったからこの週末は、全てすっぽかして寝る、と宣言していたが、土曜は軽自動車で1台分、紀の川筋へ配達で廻った。東京でもらった名刺整理も済まない中で、昨今向上したと思うのはデジカメ画像の整理である。後から見てると気づくことも多い。メモは大切だし、アナログ情報はけして軽視しないが、あとフイルムが何枚とか気にしないようになったデジカメの影響力に感心するのだ。もし1日100枚デジカメで必ず撮影するように習慣づけ、後でそれを見直すことにしたら、それまでの生活と大きく質が変わるだろう。

全国商工会のふるさと見本市の当社ブースとお隣の梅酒発売元さんのブースの画像である。当社は完璧に身内業界内の業者対応で、お隣さんは広範な対象を考えていることがわかる設営例である。現在、ある種のプランを協議中のお隣どうしであるが、既に灘萬や赤坂東急とかいい所に進出されている鶯屋、ばばぁマークの梅酒を応援しよう。なんせ和歌山県と言えば、酒よりは梅干・梅酒・醤油・味噌の方がとおりは良いのだ。Img_4568_1 ハンデキャップレースだから余計燃える部分もあるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

月刊ビミー250号おめでとう

Img_4573 11/28-29に全国ふるさと見本市に参加してきた。主催は市町村商工会で酒造会社も100蔵くらい参加していた。酒だけではなく食品部門も大がかりで、ブースを見て回るだけでも、軽い幸福感を味わえるし少しは勉強にもなる。酒部門の事務取りまとめは、株式会社ヤングマーケティング研究所の請負であった。ここは、武者英三氏が編集長で、おいしい酒マガジン「月刊ビミー」というタブロイド版の日本酒に特化した媒体誌を発行している。28日は会場に近いホテルで、創刊250号を記念して祝賀会が開催され参加させていただいた。

 こんな分野でこんなに続いたことは特筆されるべきことで、おそらくその意味を理解できる者は業界人でもあまりいないように思われる。ブログでは書けない。私は長期にわたりそれなりに顧客であり続けてはきた。あと50号はやってほしいという祝辞があったが、限界は設けるべきではないだろう。マスコミや雑誌に原則広告しない私がBIMYの周りにいる理由を強いて挙げれば、レゲエ好きだったからぐらいだろうか。

Img_4569

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »