« 風呂敷 | トップページ | 黒牛号 »

2007年2月 6日 (火)

熊野で鶏ちゃん焼きを食す

  今日はアウェイだ。新宮のビジネスホテルに泊まるのは一再ではないが、同県の住人でも随分遠くへ来た気がしてしまう。体感距離という奴では、四日市や丹波篠山程度の感覚である。それだけ時間もかかるし、道は延々難途であり、カーブ続きで到着するとふらつくような気がする。

法務局と県の東牟婁総合庁舎、警察署まで固まった緑が丘という辺りは、国道168号が山中を貫いてきて海岸沿いの国道42号にぶつかる橋本交差点のすぐ向こうというエリアで、ビジネスホテルもある。今回は「ビジネスホテルユウキ」に泊まった。

その向かいのビルの2階「鶏ちゃん家」で夕食を取る。鶏肉とキャベツをジンギスカン鍋にのせたクッキングシート上で出汁をかけて焼く料理が目玉の店で、地酒にも注力されている。

店主のMさんが飛騨高山地方で盛んなこの料理をアレンジして、熊野鶏で熊野の名物にしようとがんばっておられる。もとは鉱山に連行されてきた朝鮮人の料理が戦後土着して郷土料理になったようでダッカルビがベースだという。私の場合、ダッカルビを知らないから何とも言えないが、地酒の扱いはハートフルなお店である。昨今のことであるから、居酒屋はホテルに近いのは大事なことだと思った。Img_6437 新宮駅からでも徒歩15分とあるが。(0735-23-1003 火休・17:30-24:30)

|

« 風呂敷 | トップページ | 黒牛号 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊野で鶏ちゃん焼きを食す:

» 札幌のジンギスカン店、経営者逮捕の真実 [噂の真相:管理人]
おじゃまします。トラバもらいます。差支えがあるようでしたらコメントください。^^ 以下記事です。 ジンギスカン好きな方にとっては悲しいニュースですね。北海道といえばジンギスカンの名所。そして、『だるま』といえば、列をなすほどの人気店。そこの経営者が脱税で逮捕されたというから驚きだ。札幌地検などは2007年2月5日午前、札幌の繁華街、ススキノにあるジンギスカン店「だるま」本店など約10ヶ所に�... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 04時01分

« 風呂敷 | トップページ | 黒牛号 »