« 大吟醸がない | トップページ | 農家から教えを請う »

2007年3月31日 (土)

生酒受注中

 例年、本生無濾過と加水の生酒について、生で囲う分を決める意味から予約を取っています。20日頃から受注が始まりました。たいていFAXで帰ってきますが、今日帰ってから事務所で覗いてみると、加水の比率も上がってきています。

 大ざっぱに言って、最初から飲みやすい度数にしている方は、あまり量を飲まない人や、日本酒を飲み出して間がない人、つまり飲んだその分を評価する傾向の人が選ぶのではないかと考えられます。一方、原酒というのは、飲みつけた人、飲み応え感を重視する人が選ぶのではないかと考えられます。

 ただ、飲食店さんは本生無濾過を好む傾向が強く、当初発売した時からの流れや、お客様の第一印象が香味とも強い原酒を選ぶのかもしれません。とは言え、原酒は量が飲めませんし、たしかに回るのが早いものです。業界もすすめていますが、お冷やを横に置いて両方を飲んでいくやり方が健康にいいのはたしかで、そうした場合、腹の中で加水しているわけで、インパクトのある飲みごこちを楽しみながら、冷水で酔いを抑制するという非常に合理的な方法と言えます。通というかベテランがこういう飲み方を好む傾向にあるのは納得できます。

 もちろん、価格上加水の方が安いからという面もありますが、利き酒していただいても評価が分かれるあたりはおもしろいものです。Img_73942_1

写真は、滋賀県大津まで飲みに行った時の、蒸し料理の宴会での提供方法。円形テーブルに蒸籠を載せる。そんなに湯気も出ないのにきっちり蒸せていて、自分には斬新だった。鯛の蒸し焼きがおいしかった。 (孫幸さん 浜茶屋 077-524-0966 大津市際川3丁目30-15

|

« 大吟醸がない | トップページ | 農家から教えを請う »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生酒受注中:

« 大吟醸がない | トップページ | 農家から教えを請う »