« あらぎの里 | トップページ | 生酒受注中 »

2007年3月26日 (月)

大吟醸がない

   こうなることはわかっていましたが、大吟醸が年末来欠品しています。今年の仕込み分は上槽しているので、4月末か5月の瓶詰でまた出荷できますが、ときどき謝らないといけないのが苦しいところです。3月25日の利き酒会で生で飲んでみましたが、酵母の関係か、随分爽やかな香りで、今までとは少し傾向が違います。これは少しずつ売って、秋からどう変わるかを見たいお酒でして、一部でも3年寝かしたらどうかとか、いろいろ考えるのは楽しいのですが、たいてい年末にはなくなってしまいます。

 今年は山田錦(兵庫・特A地区)の40%精米されたものを特に入手して仕込んでいます。自社精米の35%と比べてみようというわけです。いよいよアル添加最後のアイテムになろうとしている本醸造型大吟醸「一掴」(ひとつかみ)ですが、根強いご贔屓もあり、えいやっと純米系に変えられませんでした。純米大好きでも、それにはこだわらないよと言っているような存在のアイテムです。

|

« あらぎの里 | トップページ | 生酒受注中 »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大吟醸がない:

« あらぎの里 | トップページ | 生酒受注中 »