« 輸出は好調? | トップページ | 和牛博覧会 »

2007年9月25日 (火)

黒牛仕立て 梅酒

黒牛仕立て 梅酒 720ml 新発売

アルコール度数 13度

エキス分 19

※但し、発売元は中紀酒類株式会社(株式会社名手酒造店の関連会社で卸売免許有り)となります。株式会社名手酒造店は清酒のみの製造に集中しているため。

標準小売価格  720ml 1400円(税込)

日本酒ベースの梅酒製造については、全国の清酒メーカーが参入しきってしまった感があります。和歌山県は梅の最大産地ということもあって、当社もやらないのか、とよく聞かれてもおりました。ところが、蔵が狭いうえ、けっこう稼働率の高い状態では、梅酒をさらに清酒蔵で仕込むことは、以前から躊躇されることでした。Img_99902

他社の単純な真似はしたくないという思いもあり、また清酒の製造に集中すべきであると常々考えていたのですが、和歌山県産の南高梅の需要振興にも貢献したいということもあって、オール和歌山県でコラボレーションに取り組むことにしたのです。

まず、清酒は自信を持って造るとして、梅を酒蔵が買ってくるとなると、梅の確保は遠隔からとなります。やはり最上質の完熟した南高梅(肉厚で大粒の和歌山特産品種)を安定的に確保するのは地元(南紀方面)にはかないません。また梅加工業者は地域産品需要拡大のため、一部で梅酒製造免許を取得していましたが、清酒は製造できないため、単独で日本酒ベースの梅酒は造れない状況でした。

 そこで、純米酒「黒牛」を、田辺市の梅酒製造所へ送り、ここで梅酒に仕上げ熟成させる、という、オール紀州ベストマッチの実現に、当社と中田食品株式会社が合意したのです。これなら蔵の方は清酒のみに集中できます。最初にPBの辛口アイテムを先行させましたが、このほど旨口オリジナルアイテムを完成させました。オンザロックが特にいいノリです。したがって製造元は、中田食品株式会社となります。もっとも独占販売で、発売元は、株式会社名手酒造店(ベース清酒製造元)が卸売免許がないので、関連会社の中紀酒類株式会社としました。

さらにアイテムも揃えて参ります。氷片のひとゆらぎに梅園の陽光と潮風を感じて下さい。

|

« 輸出は好調? | トップページ | 和牛博覧会 »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/16570427

この記事へのトラックバック一覧です: 黒牛仕立て 梅酒:

« 輸出は好調? | トップページ | 和牛博覧会 »