« 燗酒を楽しむ会 | トップページ | 一極集中 »

2007年10月30日 (火)

知事登場

 自分が関与している数少ない業界で、業界?団体の総会に県知事がお出ましになるのは、この林業だけである。うちの場合は、ほっぱらかしているだけの経済学的に「正確に」書くと、業界ごと破綻(補助金なしで維持できない)している産業は、実態が正確に世間に知られているわけではない。経済社会の領域外(外部経済)での価値で、つまり国土保全とか環境とかで意義があるからか、存続を許されている?ばかりか、伝統と地政学的意味もあり扱いが違うようだ。

  懇親会は内輪だけだが、お気づかいいただき、私が注文してないのに、「黒牛」を出してきてくれた。

 酒と山とは縁がある。昭和も終わり近くまで、作業シーズン始めに、飯場では、作業対象の山に向かって、祀りやすい木の根元に、三方に、米と塩、「おこぜ」をのせて供えていた。当然、酒も。作業の安全を祈念するのだが、山の神は女なので、美人の(差別的に採られないように希望する)鯛とかを供えては山の神は機嫌が悪くなるので、おこぜということになっていた。もうそういう現場はないのだろうか。あの当時、当然、酒は普通の2級酒で、飯場で一日の仕事を終えた作業者達が、差し入れた酒をやかんで燗して飲んでいたものだ。生木をくべて五右衛門風呂に入ると煙たくてしかたがなかった。

 黒牛を発売した頃から、山には社長も投資しなくなった。私も関わり方はかわった。それでも情報集めとして、年に1度は顔を出している。

|

« 燗酒を楽しむ会 | トップページ | 一極集中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知事登場:

« 燗酒を楽しむ会 | トップページ | 一極集中 »