« タンク内に雪が降る | トップページ | わずかなメモ »

2007年11月20日 (火)

歴史に終わりはない

大阪酒塾でまたマッチングテストをはずしたのが日曜のこと、講師が日刊工業新聞の記者だった方で、酒税についての内容だった。内容はいいとして、おまけの資料を見て、つくづく日本酒の凋落ぶりを再認識する。焼酎に抜かれ、リキュールに抜かれたら、もう抜かれる相手もないだろう。しかし歴史に終わりはない。平成17年度に清酒業界は酒税を合計で918億円納めたらしいが、それぐらい大企業1社で法人税を納めてるだろう。日露戦争の時は国税の3分の1くらいは酒税だったはずで、その当時は清酒しか酒などないに等しかったろうから、戦艦三笠など国民が飲んで建造費をイギリスに払ったはずなのだ。あれから100年はたったが、この先100年でどうなっているものやら。

|

« タンク内に雪が降る | トップページ | わずかなメモ »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/17124958

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史に終わりはない:

« タンク内に雪が降る | トップページ | わずかなメモ »