« 米産地の表示 | トップページ | リアル対eコマース »

2008年2月18日 (月)

EU基準

日曜は美術館へ行きもしたが、得意先から依頼の書類を作ったりする。電話や来客がない時間の方がやりやすい。ひとつは、取扱い商品に相性のいい料理を載せて検索出来るようにするから、扱っているアイテムについて、合う料理を記入してくれという依頼だ。自分で考えるから利き酒の力や顧客への提案力がつくのではないのかとか思うがどんなものだろう。

 もうひとつは、輸出商社から、ごくわずかしか取扱いもないが、出しているのがEUなので、先方から、商品と企業についてアセスメントを出さないといけない、と言って、大量のチェック項目の報告を求めてきたものだ。

 どう見ても大規模な食品加工工場を前提にしているような内容で、明らかにアルコール入り飲料と生鮮食品を混同していると思うが、地球の裏に向かって腹を立ててもしかたがなかった。細かな社内規程の有無や設備の内容まで問うている。仕入先に対して、そのまた仕入先についての、それも海外企業の詳細なアセスメントを求める、これがいずれ世界標準になるのだろう。今に日本にも波及するはずだ。ここでは地酒なんて企業の世界じゃないから関係ないで済ませるのか、この際少しづつでも規程や設備を整備するのか、覚悟はいるところだろう。

 地酒専門店というのも変わった。かつて裏貼りにバーコードを入れたら地酒らしくないと言って不満を言われたことがある。たしかに企業社会の主流から切断した世界で生きるのを誓い合ったような関係が、地酒蔵と販売店主の間にはあったのだが。

|

« 米産地の表示 | トップページ | リアル対eコマース »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/40161989

この記事へのトラックバック一覧です: EU基準:

« 米産地の表示 | トップページ | リアル対eコマース »