« 瓶燗急冷 | トップページ | 空き瓶が集まらない? »

2008年4月29日 (火)

伊賀上野NINJAフェスタ

奈良山中の酒屋を訪問する予定やったが、現地近くまで来て時間変更を知る。余った数時間をどうするよ。ほとんど三重県境、伊賀上野まで20分ほどで行ける。だいぶ以前、お城は行ったな。ふらつけば何かあるだろう、と移動すると、何だか忍者のコスチュームを着た家族連れにアベック、満杯の駐車場、これは祭り、それも恒例ではないやつだ。適度なはやり具合なので、すんなり校庭の臨時駐車場に入る。しかし500円取るのね。

「伊賀上野忍者フェスタ2008」4/1-5/6か。随分長い期間だが、期間中土日祝のイベントや日替わりものなど、町ぐるみという感じだが、掲示を総合すると、藤堂高虎入府400年記念事業だろう、という理解に落ちついた。

Img_3647 忍者と松尾芭蕉、藤堂高虎か。伊賀鉄道が通っているし、高速バスのターミナルもある。何しろ旧伊賀国府所在の町だからな。平成16年合併した伊賀市で3月末で人口101906人、3年ほど前までは内陸工業団地への企業誘致で人口が少しは増えていた、か。一応関西文化圏。財政再建団体になったことがある。

城下町で小京都のように碁盤目の街区。どこも同じだが中心部の商店街は厳しそうだ。とはいえ、何となくセンスのよそそうな和風建築のパン屋やビストロが目につく。文化性で勝負という感じだなぁ。ここがどうと言うわけではないが、パーク&ライド方式を普及させて、広い郊外から車でターミナルまで来て駐車させ、バス・鉄道で長距離移動するスタイルが普及すれば、もっと環境にいいのになんて思う。そういう意味では今日の自分の動きは最低だ。ターミナル周辺に安い駐車場を作るには、既成市街地だからまた金がかかるが考えていい発想じゃないだろうか。2時間もいなかったが、少し勉強させていただいた。

また引き返して農民民宿をしようかという酒屋さんと話す。もちろん、どこをどう廻ってきたという話はしなかった。

|

« 瓶燗急冷 | トップページ | 空き瓶が集まらない? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀上野NINJAフェスタ:

« 瓶燗急冷 | トップページ | 空き瓶が集まらない? »