« 今しかないチャンス | トップページ | 新地の居酒屋 »

2008年5月12日 (月)

高知

5月は全国鑑評会を気にしないかぎり、比較的休める月だ。たまたま2ヶ月続いて、これまた仕事に関係なく高知まで往復する。和歌山港から南海フェリーで2時間で徳島港に着く。7㎞くらいで高速に乗れる。あとは徳島自動車道と、高知自動車道を通れば、自宅から170㎞で高知城下に着く。大阪、神戸、淡路と全部高速で廻っていくよりはよほど楽だろう。以前はとんでもないような遠い所に思っていたが、案外近いものだ。

 「ひろめ市場」と居酒屋の「葉牡丹」は最高だった。城の正門前すぐに路上市や再開発の観光フードコートというか地元でも人気の高そうな施設がどうしてできたのかは興味のあるところだった。張り紙とサイトだけでは経緯の詳細はわからない。一見では昭和50年代からあるかと勘違いさせるような妙にローカル感を出しているが、平成10年スタートだという。テナント各店のがんばりや内部の意思疎通やリーダーシップも良くてこういう雰囲気ができあがったんだろうな。今月はドライバー役で飲めなかった。

 

|

« 今しかないチャンス | トップページ | 新地の居酒屋 »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/41184190

この記事へのトラックバック一覧です: 高知:

« 今しかないチャンス | トップページ | 新地の居酒屋 »