« 米をめぐっての6月 | トップページ | 田植えの話 »

2008年6月24日 (火)

喜ぶべきか

サントリー社が45年ぶりでビール部門黒字化との報道。よほど外で儲けてたのかと皆思うだろう。清酒なんかも似たようなもので、他部門でささえている蔵も多いはずだ。当社も長くそうだったことがある。体力があるプレイヤーの多い、つまり過去好況の期間が長かった業界が一転過当競争になると、体力の吐き出し合いになって長期に供給過剰と不況が続くことになる。経済学者なら退出を促進する政策を提言するはずだが、酒の場合は税収が欲しいため生産能力過剰は放置された。

米も建設も気をつけた方がいいよ、なんて思うんだな。

|

« 米をめぐっての6月 | トップページ | 田植えの話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まったく政府のお偉方は税収のみに御執心で業界の発展などには目もくれ申さぬ><
民の意思を反映出来ぬ政府など百害あって一利無しにござるなぁw
前回の件にござるが、それがし残念ながら霊感とかインスピレーションといった類は、全く以って持ち合わせてござらん^^
夏の真夜中に生石山のてっぺんで、一人ぼっちで星を眺めるのが趣味というくらいでござるからのぉ。

投稿: さすらいの武士 | 2008年6月26日 (木) 08時23分

いや、私も霊感なんてないですよ。あの人どうしてるんだろう、と思っていると、当人から電話がかかってきたとかがたまにあるとそんな気になってしまうんです。
それにしても神社の境内脇の料理屋は結構美味しいと評判ですね。会議でウーロン茶で乾杯して、しかもそれを注いでいるというのは、日本の遺習になりそうで、滑稽でした。折角自転車で行った(本当はこれも違反だ)のに。そんなことをするのはやはり同じ年のセブンイレブンのオーナーくらいで、もっと若い人達はそもそも酒は必要としないからか、車でやってくる。まぁちょっと遠い人が多いけど。それならウーロン茶注ぐなよ、なんて思ったね。

投稿: 不断齋 | 2008年6月26日 (木) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喜ぶべきか:

« 米をめぐっての6月 | トップページ | 田植えの話 »