« ハレ・アイナ | トップページ | 居酒屋の酒 »

2008年6月30日 (月)

勝間和代氏の利益方程式

週末くらいしか週刊誌を読んでる時間がとれない人は多いだろうが、経済雑誌に勝間式「利益方程式」のオマケ冊子がついていた。利益=(顧客単価-顧客獲得コスト-顧客原価)×顧客数となりますが、適正な利益管理のためには、式の各変数について、全社で情報を共有しつつ、仮説を立て実行、検証してくださいとされます。

 また、日本の企業が儲からない理由を分析してくれている。強い労働規制については同感、解雇できないから儲からない仕事を変動費ぎりぎりでやらせてしまう。本当は新製品新市場の開拓に使わないといけないが儲からない時ほどリスクが取れないからね。次に、日本は中小企業を温存する仕組みがあり規模の利益が働かない、ために効率があがらない?。建設とかのことを言ってるんだろうな。法人税、交際費で優遇がある。3番目の英語の壁は省略。ROIの低いハードルというのは、日本全体が成長余力が乏しいことの反映で、高金利になれば過当競争がなくなるとは思えなかったが。

これらの最近の変化について、解雇規制の緩和はあるが何より若年層の減少で3Kでは人が来なくなるので儲からないことはやってられなくなる。これはそのとおりだ。ちょっと違うなというか違う方向もあるなと思ったのはITの進展についてだ。ITの進展によって小規模の企業が生き残れなくなる、という指摘だが、ITの進展によって、小規模・地方の企業もそれなりに立場を得られる可能性も出てきているわけで、半導体や流通とは違うのではないかということだ。地酒など些末な業種だと言うならそれもいいが。ただし、環境規制や表示、衛生等の規制レベルが上がるにつれて当然小規模事業者(当社も含めて)は表通りの世界から追い出されていくことになる。つまり大手流通ルートにのり、EOS、ISO、HACCP等に対応するには規模拡大は避けられない。そんな所に背を向けた者が集まって地酒だか銘酒だかの市場は成り立っている。いずれにせよ不採算事業は残しておけない。それは賛成だ。

|

« ハレ・アイナ | トップページ | 居酒屋の酒 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝間和代氏の利益方程式:

« ハレ・アイナ | トップページ | 居酒屋の酒 »