« 夏こそ燗酒? | トップページ | 五百万石稲刈りは月末(富山) »

2008年8月19日 (火)

和歌山県工業技術センター

どこの県にもあるんだろうが、県の工業技術センターへ今日は技師先生を訪ねる。梅だミカンだ柿だという県だが梅酒は好調、主力の梅干しもま健闘というところか、醤油に味噌、柿酢、漬け物と、とにかく食品工業も範囲が広いから先生も大変だろうなと思うばかりだ。酒については、ちゃんと酵母の分離もされていて、9号系の香りは高い「和歌山酵母」は当社も使用している。今日は紀南で採集分離した「熊野古道酵母」もあるとお聞きした。紀南の酒蔵が試しているらしいが、酸がやや高いらしいが。

南極くらいのディープフリーザーがあれば自社でも分離できるが、センターも地元の資源だから活用しない手はない。培地は自社で作っている。

|

« 夏こそ燗酒? | トップページ | 五百万石稲刈りは月末(富山) »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/42213828

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山県工業技術センター:

« 夏こそ燗酒? | トップページ | 五百万石稲刈りは月末(富山) »