« コウヤマキの枝を採る | トップページ | つきだし »

2008年10月31日 (金)

和歌山県産米にこだわる蔵元の会

1週間前になりますが、10/26(日)に和歌山県産米にこだわる蔵元の会という形で県内3社(当社とかつらぎの初桜酒造さん、新宮の尾崎酒造さん)による利き酒会を開催しました。

趣旨としては、酒産地のイメージ向上が狙いで、和歌山県内でも酒造好適米の栽培が行われ、それで仕込まれた純米酒があるんだということが自然と広く伝わればいいということです。

平成17年に山田錦が和歌山県の指定品種に登録されています。よく酒米マップというのがありますが、今まで和歌山県は空欄でした。小さいことですが、それを変えることに貢献できたことを、少し誇らしく思っています。

当社では県内2地区で美山錦を農家(JA経由)と直接、山田錦は3地区で米穀業者に取りまとめていただいています。

地元の米で酒を造るというのは、必ずしも伝統の酒づくりと一致するわけではありませんでした。既に江戸時代でも離れた酒米産地から米は買われており、仕込水や消費地への出荷の利便から蔵と田は結構離れた場所だったことが多いのです。ここがワインとの違いですが、穀物酒と果実酒との違いでもあります。製造工程が長いので、清酒蔵は、水とか技術とか設備とかでも、個別蔵間、産地間競争の大きな要因となり、すべてにこだわらねばなりません。

とは言え時代の流れが、フードマイレージだとか地産地消だとかに向いてきました。棚田を守るとか地域の農家と連携してとか、意義も叫ばれてきています。たしかに原料を近くで調達すれば製造過程で発生するCO2は減らせるでしょう。でもこれをあまり言い過ぎると、地元だけで売って大都市へは出荷するなとか、言われかねないことになります。地球の裏でできた酒類を現代人は飲んでもいますが、環境のことを言い過ぎると鎖国になってしまいます。せいぜい製造を地元にこだわるくらいでいいんじゃないでしょうか。

いずれにせよ地元の米で造りさえすれば質が低くてもいいということにはなりません。一歩づつ米質、酒質を上げていかねばならない。当社でも2アイテムの地元産米のアイテムを造りましたが、大部分の主力品については、酒米産地を選んで最良の原料を集まることに主眼を置いています。

現状課題も多く、そう簡単に米にしろ酒にしろ産地イメージなどできるわけがないのです。でも大きな目標を持つことができれば夢をもてることにもなります。何でも感謝の気持ちを持てとか言われるのはこうしたことかなと思ったりします。

|

« コウヤマキの枝を採る | トップページ | つきだし »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/42965020

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山県産米にこだわる蔵元の会:

« コウヤマキの枝を採る | トップページ | つきだし »