« 純米化率ランキングを酒造組合総会の後作る | トップページ | 黒牛「純米しぼりたて」 今年も発売しました »

2008年11月24日 (月)

酒粕タンクを一部処分して置き場を作るの感

人によっては三連休初日になるが、今日は酒粕を踏み込んでフンゴミ粕を作るためのタンクを2本ばかり引き取ってもらった。酒を搾って粕ができると、一部は切り揃えて袋詰めして売ります。そしてヘタの部分とか、そんなに売れないから大部分を、昔はそれ用のタンクに放り込んでいって、上から人が乗って足踏み作業をします。それで踏みl込み粕というのですが、春の製造が終わってからの地元側の仕事でした。粕内に残存した酵母の発酵により、濃い茶色に半年もすれば変わってくるのですが、これを奈良漬用とかにするのです。今でもけっこう農家さん等が野菜を漬けるのに買いに来てくれます。ただこれがそんなに売れるわけでもないので、大部分は糟屋に引き取ってもらって、それをまた漬物屋に売る、そういう循環だったわけです。タンクからシャベルで掘り出して運送用の小桶に入れるのが、酒屋で最もキツイ仕事です。なにしろ酔ってくる。今まで知らなかった私など呑気なもので、世の中は大抵そんな踏み込みなどせず、搾ってすぐ米袋にでも入れてバラ糟として糟屋へ運んでしまうのがとうの昔に主流になっていたのでした。人件費をかけ時間をかけて少しばかり高く売れるよりは、場所も節約できる、ということです。以前は春になったら仕事が減るから作業量確保の意味だと思います。

昨今、本当に酒粕の需要も減ったようだし、不透明で検品に限界のある粕をリスクを冒して売るのはもういやだとメーカーが考えるようになりました。そもそも糟ですから酒袋等の糸、ササラの竹先の破片など、入り込むのが普通なんですが、それが今の消費者には通用しません。機械部品なら金属探知機というのも効果があるでしょうが、発酵タンクの上で割れたんだろうか電球の破片のガラスが問題になったようですし、米の中に入っていた砂とかも最後は糟までついて行きます。事故米だの偽装、農薬混入だのでメーカーは信用もなく、何があってもImg_06392 ひたすら恭順ですが、ちょっと質の違う問題だと思います。それもあって安くても専門業者に引き取ってもらおう、売るならそこでPBで製品化してもらってまた仕入れればいい、ということになったのです。

それは質だけなら、蔵で純米酒の板粕を丁寧に袋詰めしたものがいいに決まっていますが、正直、自社の売店くらいでしか売りたくありません。スーパー等で大量に売れというなら、何か入っていても意義は唱えないという約款を付け、それでクレームは敗訴という判例を定着させない限り不可能です。そうでなければ、酒粕は専門業者で製造した各蔵用のプライベート表示のものになっていくでしょう。どこか現在の流通というのはおかしなことになっているように思われてなりません。

|

« 純米化率ランキングを酒造組合総会の後作る | トップページ | 黒牛「純米しぼりたて」 今年も発売しました »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/43196434

この記事へのトラックバック一覧です: 酒粕タンクを一部処分して置き場を作るの感:

« 純米化率ランキングを酒造組合総会の後作る | トップページ | 黒牛「純米しぼりたて」 今年も発売しました »