« ミナミ | トップページ | プレミア和歌山 »

2009年1月27日 (火)

牛のイメージ

中国・北京からお客様だ。こっちも輸出まじめに考えないとな。

社長からいただいたお土産の白酒が牛欄山の二鍋頭(どう読むかは知らんが二回蒸溜してるんだと。)、当社の銘柄、黒牛に因んでのこととか。北京では銘酒で通っているとのことだ。ありがとうございました。

酒精度50%の高梁焼酎、18年熟成の珍品。香りがきれいだ。何杯も飲むとキツイから香りを嗅ぐのを主という感じか。張さんの店へ持ち込みたいところだが、先方の健康もあって悩むところだ。

8年北京で頑張っていらっしゃる社長から中国人の牛に対するイメージをお聞きする。力強いとか、結構、いいらしい。牛みたいな人だというのはほめてる言い方だそうだ。Red Bullというのドリンク剤もある?。しかし万里の長城の麓にイオンのSC?空港から中心駅まで約30分、地下鉄が5線になって、天安門広場は車では行けない?冷蔵庫はほぼ普及、不況は限定的(まぁ首都だしな)。1元の円クロスレートは今なら約13円くらい?断片的な知識が得られたが、さてうまく行けるのかいな。

|

« ミナミ | トップページ | プレミア和歌山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

黒牛が北京でも通っている。。凄
でも昨年、日本酒の銘柄を勝手に商標登録
されて幾つかの酒蔵が中国で使用できない
という事態が発生しました。名手さんも
その辺の対策考えられておるとは思いますが
チョッと気になったので・・・
香港でも黒牛見ますよ。。

投稿: inaokan | 2009年2月13日 (金) 17時16分

ちょっと問題。
こちらは持ち込んでいるつもりはありませんが。けっこう前に登録が取られているようなのですが、中国人間で異義申立が出ているようです。ということは中国酒か何かで、それをやっていたかやりたい者がいるはずなので、当社が販売に出かけることはできません。ということは、もしもっと売りたいなら発音類似で向こうの商標をとるとか和酒に限り買うとかしないといかんわけです。当方では輸出はしていないというコメントになります。

投稿: 不断齋 | 2009年2月14日 (土) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牛のイメージ:

« ミナミ | トップページ | プレミア和歌山 »