« 菜の花はいつ頃咲くんだろう | トップページ | 北河内 »

2009年1月22日 (木)

鍋でも食べていよう

今週はハナから飲む日程で、日曜は大阪で勉強会だった。堀江先生と言えば斯界では有名でここの会では顧問をお願いしているが、今日は特に間近でお話を伺うことができた。さすがに丑年で今年は年初から幸運だ。もっとも先生もあまり日本酒の需要については楽観的ではない。もっと食中酒としてどんな料理にも合わせやすい面を世間に知らしめないといけない、ますます需要が減ると危機感を持たれている。鑑評会も10年ほど凝ったけど今は奨めないそうだ。で、となると熟成酒をやれということらしく、狭い蔵はどうしたらいいのですか、とかどういう方法で貯蔵するのがいいのですかとか、厚かましくもお聞きしてきたので、これからその対策に入っていくことになる。

まぁこの日の利き酒については会費分を軽く回収できるすばらしい内容だったが、自分の舌についての何とも言えない無能感とこれくらいまではわかるんだという確認になった。13種類ほど純米吟醸から特別純米クラスをラベルを隠してきいて、それぞれに自分で採点しておく。そのうち最後に別に利くアイテムのどれかが同じ蔵の酒だというんだが、絞り込んだ中には入っていたけどとても見切れるものではない。後でどれがどこの銘柄のどのアイテムでいくらの酒だというリストをくれる。自分で一番気に入ったとメモしたアイテムは良く練れた吟醸で純米系ではなかった。でも小売価格が一番高い物で価格審査としては成功ということだ。自社の製品はよく見ると一番安いではないか。ということは値段の割に健闘か?と言えばいいが蔵元ならこれが一番いいとメモできないのかという、問題は残る。つまり自分の舌はスムースなものは好むがゴツイとか飲み応えにそう高い評価がないのかもしれない。しかしわかるやつは全アイテムきちんと評価できてるんだろうな。

結局鍋でも食ってるしかない、というまとめだった。

Img_5527

|

« 菜の花はいつ頃咲くんだろう | トップページ | 北河内 »

地酒」カテゴリの記事

コメント

利き酒の勉強会は私も年に何回か参加しますが、ブラインドのテストでは自分の舌とラベルを見ての思い込みとのギャップに毎回悩まされます。堀江先生とは元鑑定官の堀江修二御大のことでしょうか?ん、よく見ると写真の一番右の方は奈良の葛○酒造の社長様ではナイデスカ?

投稿: 7号車 | 2009年1月22日 (木) 20時07分

どちらもそのとおりですが、もう少し強く画像を縮小するべきでしたか。まぁこんなことなら怒られもせんやろけど。

先生は今3社ばかりどぶろく製造を指導中だそうです。うまく行くと6月頃出雲までこれを見に行くことができるかもしれません。

投稿: 不断齋 | 2009年1月22日 (木) 23時01分

重箱の隅をつつくようなコメント、大変失礼しました。知っている方を意外なところで発見したのでつい(^-^;

濁酒といえば私の住んでいる市も一昨年から濁酒特区に認定され、地元の農家の方が造った濁酒を直販で売り出しています(当店では販売しておりませんが)。にごり酒の売れ行きはここ数年伸びてきていてるのジャンルなので、スローライフなんかの流れに乗って静かなブームになっているのでしょうか。

投稿: 7号車 | 2009年1月23日 (金) 18時31分

活性にごりが出てきてその噴き出しに仰天するようになったのはいつ頃からだったでしょう。その前の生原酒や無濾過くらいは当社も付いて行ったのでしたが、後は見送ってしまいました。そしてどぶろくとなれば、そっちの方は行き着いてしまった感があります。スローフードではあるのですが、差別化・新商品開発をどんどん突き詰めて行った結果による産物でもあります。一方で燗酒や熟成酒の方へも目が向きつつあるのか、やや疑問なんですけどね。にごりはわかりやすいですから。

投稿: 不断齋 | 2009年1月24日 (土) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/43819434

この記事へのトラックバック一覧です: 鍋でも食べていよう:

« 菜の花はいつ頃咲くんだろう | トップページ | 北河内 »