« 北河内 | トップページ | 牛のイメージ »

2009年1月25日 (日)

ミナミ

大阪のミナミとはどの範囲を指すんだろう。阿倍野、難波千日前と、1月のアルコール週間はミナミで締めることになった。まったくタイプの違う店を2店まわって、あれこれ酒談義して過ごしたが。

1店目が、魚に徹底して凝った、でも格式ばらないお店でこれは割烹居酒屋というのか、安定して当社のお酒を使ってくれているので私の大阪の重要な拠点ではある。あくまで魚主体だから、普通酒オンリーの時代に、お客からこの酒ちょっと甘いのちがう?とか言われても、そうかぁ、で済まして来たと言われるので、恐縮する先だ。当社が純米蔵に変わっていった過程もご存じなので、そのうち品質指向になるやろと待っていただいたのかどうかはわからないが、高いのまで置いていただいているから喜んでいただいているとは思う。

2店目はバー風にしているが、酒を前面に出したお店で、どんどん置いてるお酒を買えていくから、そこで自社の酒を飲むことは期待できない。最近話題のとか、ラベルとかも参考になる。どちらかというと今の地酒業界が追いかける対象の業態だ。この日飲んだのではとうとうワイン用のマグナム瓶1.5リットルの清酒も初めて飲んだ。まぁワインも造ってるところだから。

もちろん中間もあるだろうし、規模の大小もあるだろうから、本当に様々な地酒が飲める店というのがあるということだろう。そしてさらに清酒なんかどうでもいいという膨大な数のお店がある。どういう所で飲みたいのかはお客が決める。それだけのことだろう。ちょっと気になるのは、この景気とそれへの対応だ。一部で「儲けられるのは酒しかない」?という価格設定で余計、清酒離れに繋がらないか心配だ。そうならないことを祈る。

|

« 北河内 | トップページ | 牛のイメージ »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/43845585

この記事へのトラックバック一覧です: ミナミ:

« 北河内 | トップページ | 牛のイメージ »