« プレミア和歌山 | トップページ | 熊本で景気の行方とかを考える »

2009年2月 8日 (日)

2月第1週

寒くないと困るこのあたり、浜松町のいくらなんでもの路上で利き酒していました。2日ばかりビッグサイトのイベントに出たのだが。どうも内飲み優勢なのかな。

ここは3杯純米酒等を20蔵ばかりから選んで500円、3セットまでと制限がついている立ち飲みでもある。つまみは本当に簡単なものしかない。今日選んだのはクラッカーとしみせんべい、客単価はそれでも1500円くらいになるそうで、斗瓶取りとかは特別価格といっても1杯300円とかそんなものだ。さすがに客があふれていると、遠慮して路上へ出てくるが、ちょっと寒過ぎる。開放的でいいんだけどな。

Img_5748_2

|

« プレミア和歌山 | トップページ | 熊本で景気の行方とかを考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本日、店に寄せていただいたガバチャです。
店の女性の担当の方とお話しさせていただきました。
拙作「神無月の頃」を書いております。
明日以降、その小説の舞台を黒江に一時移します。小説の中ですが名手酒造にも行かせたいと思ってます。
今後ともヨロシクお願いいたします。

今は休止してますが日本ブログ村ランキングの釣りカテゴリーで一位を続けていた「鮎釣り師のひとり言」もヨロシクお願いいたします。
http://sky.ap.teacup.com/hfgayu/

投稿: ガバチャ | 2009年2月 8日 (日) 22時14分

ブログで小説というのは、あるとは聞いていましたが、遭遇というやつですね。つまりその程度しかネットは触っていないのですが。どうしても写真から見てしまいます。そして撮影ポイントはほとんどどこかわかってしまいます。地元人の平均以上に地理感があるので。楽しいですね。文庫本の小説ではあり得ない写真多用が実現できます。それから開くと毎度最新部分から戻る形になるから、紙の本の逆みたいな特徴がありますね。新聞の連載小説の場合は、今度はその日の分しかその時読めないので戻れないのがいいのか足らないのか。いずれにせよ新しい発信ツールということですか。ご健闘をお祈りします。

投稿: 不断齋 | 2009年2月 9日 (月) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月第1週:

« プレミア和歌山 | トップページ | 熊本で景気の行方とかを考える »