« 修繕費はかさむ | トップページ | 新品種の導入余地 »

2009年3月30日 (月)

酒米の産地証明書は必要なんだろうか

もう3月も終わろうとしている。地元の大野中にある春日神社の裏通りには短いながらも桜のトンネルができていた。寺山修司だったか、「さよならだけが人生ならば、また来る春は何だろう」というフレーズがよぎるな。やけに眩しい午後だ。Img_6268

何だろう、というのは今日届いた酒米の産地証明書だ。米屋からだが、送ってくれと頼んだ覚えはない。気をきかせてくれたのだろうが、ということは送ってくれと言うメーカーが多いんだろう。酒造協同組合からも来ていたから、相当そういう動きが広まっているに相違あるまい。

 しかしなぁ、そういう米を買っていますという証明は、あるアイテムの原料米の産地が表示とおりだとか、問題のある米を買っていませんという証明になるのだろうか。あるメーカーの製品はすべて同じ原料で作られていて、製品もすべて同一のスペックである場合にのみ、この手の証明書ですべてが済む。大部分が経済酒で一部が高級酒の場合、その高級酒用の米の仕入れについて証明書があった場合、どれだけの証明ができるのかという問題がある。たぶん組織小売業あたりから言われたのだろうけど、突き詰めるなら、原料資材の帳簿と桶の異動帳を精査しないと論理的には証明にはならない。またはすべての仕入れた米に産地証明を求めるのか。どうも言い訳づくりのお手伝いのようだが。

それなら出荷製品の構成比率とか蔵とかを見てもらった方がいい。経営姿勢から信頼を勝ち得る方が望ましいと思うのだが、性善説的に過ぎるだろうか。でも仕入先に税務署でもないのに帳簿を見せるのもどうかと思うし、流通側もいちいち全国の仕入先をしかも毎年見に行けるのか、ということになるので、証明書集めになっているようなのだ。

|

« 修繕費はかさむ | トップページ | 新品種の導入余地 »

地酒」カテゴリの記事

コメント

熊本の某蔵の不祥事はご承知の事と思いますが、昨日の今日で出てきたタイムリーなニュースですね。メーカーがこの有り様ではいくら契約農家や米屋が産地証明を出しても消費者の不信は拭いきれませんね・・・。ホントここの蔵と契約していた農家の皆さんが可哀想です。
しかし一等米使用と表記の酒には三等米は使用していないと説明しているらしいんですが、ここまでくると正直それも怪しいと思うのですが。


投稿: | 2009年4月 1日 (水) 17時29分

あそこは手遅れですかね。契約栽培なんてやってなかったでしょう。紙パック等経済酒のコスト競争が背景ですが、リベートもらったのでは言い訳にならないですね。

投稿: 不断齋 | 2009年4月 1日 (水) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/44515307

この記事へのトラックバック一覧です: 酒米の産地証明書は必要なんだろうか:

« 修繕費はかさむ | トップページ | 新品種の導入余地 »