« アラレと煎餅は違う | トップページ | 名城大学 日本酒研究会 »

2009年3月14日 (土)

禁酒が進むと医療費は増えるのか

ある医師が禁煙が進むと医療費が増えるので、どんどん吸って早く死んでくれと発言して問題になっているようだ。喫煙者が減れば医療費は減るのではないかとか疑問の声も出ているらしいが、たぶん、禁煙が進む、肺ガンとかが減る、寿命が延びて高齢者が増える、医療費が増える、というご趣旨だったんだろうな。

酒の方に振らないでほしいが、この前の焼酎ブームも医者あたりが焼酎がマシ的妄言で清酒業界にいい?影響を与えた。健康にいい酒などない。適量なら気分転換や意思疎通の助けになるだけだ。そもそも本源は日本においては神様と人をつなぐ媒体みたいなものだ。また究極の保存食とも言える。適量飲酒なんてやめて、なんて発言がどこからもでないことを祈る。

|

« アラレと煎餅は違う | トップページ | 名城大学 日本酒研究会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 禁酒が進むと医療費は増えるのか:

« アラレと煎餅は違う | トップページ | 名城大学 日本酒研究会 »