« 市場との相互作用を意識する | トップページ | 酒粕なんてまともに売れないよな »

2009年4月29日 (水)

白浜温泉は好調らしい

いっしょのテーブルに座ったのは白浜温泉の旅館に酒類を納める店主さんだ。あと県内と近畿南部の酒販店主、どちらも量り売りに力をいれている。あとは地酒に注力している地方問屋さん、そして大手メーカーと、全国問屋、主催会社の製造課長さんだ。それぞれいいお話を伺えたが、とにかく白浜温泉の状況についてだ。ここの会場だってそうだが、こういう温泉地のホテル旅館に酒を納めるというのは並大抵でできることでないのは重々承知しているが、その社長の感覚なら間違いないだろう。2極化傾向はあるが総じてやや期待が持てそうな雰囲気らしい。安いバス送迎付き8,9千円プランか、高いけど1泊4万弱程度で、新しい、余計なサービスはしないで本当に静かにできる?高級店が好調なんだって。休日1000円の高速もあるが、金は有るところに有る、ということで、パンダの繁殖ニュースや、養殖技術の実用化でクエキャンペーンが好調だったり、マグロも養殖技術の進歩がいい影響を与えているそうだ。やっぱり決め手は投資と技術進歩だぜって。どうも新聞とかの景気感と違うような話なのだ。一度全部回るから連れて下さいとは頼んだが、反応が楽しみだな。最後は渋滞対策で、御坊田辺間も4車線化が決まった。750億でできるそうだ。来平成21年中には海南から有田までの4車線化も完成する。中間の有田御坊間は調査中らしいが、どうせすごい渋滞がそこで発生するから、すぐに建設決定だろう。これからも少しずつ白浜や紀南の観光地は集客のネタが出てくるということらしい。期待しよう。

|

« 市場との相互作用を意識する | トップページ | 酒粕なんてまともに売れないよな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白浜温泉は好調らしい:

« 市場との相互作用を意識する | トップページ | 酒粕なんてまともに売れないよな »