« 減反廃止は諸刃の剣 | トップページ | ツアーが始まる »

2009年5月 7日 (木)

初心者向きラベルイメージ作成法

小企業の経営者が自社製品のラベルを自分で作るケースも多かろう。ご同業でも、プロ顔負けのリーフレットをフォトショップで作る社長さんがいる。そんなややこしいことは業者にまかせて営業することに賭けている人もいる。どうカネと時間を使おうが人の勝手だが、自分の場合、どっちつかずの方針からなかなかそういう技術が上達しない。とはいえ、ラベルの企画印刷業者にこういう物を作ってほしい、あるいは内製するにせよ担当社員にイメージをできるだけ正確に伝えるためにも、ある程度は「作図」を理解したいところだ。自分だけでなく、ここは代々センスが悪いとご指摘いただけるありがたい方もいるが、デザインだけならスケッチブックにクレヨンとか絵の具でイメージを書いて渡せばいいだろう。ところが今はそれを伝える時間、コスト、頻度(少量多品種)で、どうしても限定品とかは内製のステッカーや小札、リーフレットを作成することが増えている。もう今後カタログは作らなくなるんじゃないだろうか。企業秘密と言うにはあまりにお粗末なのだが、花子とスキャナー、アクロバットで下手なりに工夫してきた。最近、使い始めたソフトでおもしろいのは「そのままJPEG」(株式会社マグノリア製)、各種ファイルを印刷メニューからJPEG化してしまうというやつで、当然きれいさは欠けるが、メールに添付してすぐイメージだけは伝わるという効能がある。ジャストシステム社には申し訳ないが、花子を相手が使っていないと、せっかく作った作品をファイルで送れなかった。PDF化ももちろんいい方法だが。地酒ショップを見ていると、メーカーも販売店も素人作品をどんどん実戦投入しており、少々のデザインの問題よりは、限定品の希少性優先(100本しかない商品のラベルは印刷屋には頼めない)という感じだ。バーコードを作成するソフトもあるから。でも商品写真はプロにできるだけ頼むべきだろう。どうやってもまるでできが違う。

|

« 減反廃止は諸刃の剣 | トップページ | ツアーが始まる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初心者向きラベルイメージ作成法:

« 減反廃止は諸刃の剣 | トップページ | ツアーが始まる »