« いきなり北京かよ 第三回 | トップページ | 和歌山で弁当食うなら »

2009年7月20日 (月)

三連休はゼニについて考えた

土曜は新宮で中小企業家の勉強会へ出かける。これは地域での生き残りのために経営指針を作って、雇用を守り地域にも貢献しましょう、というスタンスながら、いかに付加価値を生み出すかが前提にあるには違いない。夜中でも片道2時間以上かかるから深夜帰り着く。一転、翌日の日曜は紀の川市の旧桃山町にある江戸時代の大名主の屋敷「桃源の郷 宮折」(今は呉服商のご隠居が入道され屋敷を買取り予約制で場所を提供されている)で、アメリカ型資本主義の行き詰まりを見て「マネー」のあり方を考えようということで、NHKのエンデの遺言のビデオを見たりとかした。民主党の岡田氏が海南駅まで来るというのは見ておきたかったが、上がり口に置いた一箱の桃の香りが土間一杯に広がる古い屋敷で、カネに執着のない人達の話を聞いたのは体によかったのかもしれない。Img_21722

そう言いながら、翌日、大阪に出かけ、チケットショップに行ったり、ビジネス書を漁って帰ってきたが、いい話を聞いたところで、相変わらずせこい生活をする自分の体質を思う。

実は中国では体調は良かったが、帰ってから少し不調だった。家人に言わせれば向こうの方が体質があうからだろうとか。それほど徹底したスタイルではないと思うんだが。

|

« いきなり北京かよ 第三回 | トップページ | 和歌山で弁当食うなら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三連休はゼニについて考えた:

« いきなり北京かよ 第三回 | トップページ | 和歌山で弁当食うなら »