« いきなり北京かよ 第2回 | トップページ | 三連休はゼニについて考えた »

2009年7月17日 (金)

いきなり北京かよ 第三回

Img_19815 アメリカで生まれて日本で大きくなったセブンイレブンだが中国にも浸透するんだろうか。便利というのは誰しも求めるもので、ちょっと味は違うが充分いける唐辛子と鶏肉入りの三角おにぎりやら冷麺を、昼食に3日間買い続けた。ビニール袋は有料なのか不明だが言わないとくれないようなので、持参のバッグに入れる。日本より先進的だ。1元15円程度としても300円近くなるので、こちらの感覚では高いのかもしれない。それでも若者を中心にはやっていそうだった。文具、化粧品は少ないが、あとはちょっと見にはどこにあるのかわからない。しかし飲料はほとんど砂糖が入っていてこれは相当に違和感があった。路上では例の揚げパンを店先や屋台で売っていてこれもはやっている。5元くらいらしいが食べてみたいとは思わなかった。カルフールでも寿司コーナーが充実していて、1個1~3元、ほとんど見かけは日本と同じ。そんなイベント会場に腰を据えていると3日目は外食のお誘いがあり、通訳女史に譲ってでかけた。結構和食は浸透しているようだ。

Img_20197

たぶん新三里屯の再開発地区であろう、経典的(ファッショナブルな)商業地区へ繰り出す。日本人オーナーの成功作で予約が取りづらいお店だったが、客層は外国人に中国の中間層以上という感じで、創作っぽい寿司メニューは巻き主体で、アイデアと工夫で運命を切り開いて来られた感じだ。その店にして、誰でも知っていて規模も知名度もある地方銘醸の飾り樽や一升瓶が飾られている。かえって紙パックだの三倍増醸や液化仕込安酒の記憶なしに高級とか健康的とのイメージでいきなり日本酒が当地へ入って来たのはよかったのではないかと思った。そのややバブリーな流れで、もっと他に銘酒はないのかという欲求が出てきているという段階なんだそうだ。大使館街も周囲にあり、国際色ある商業ゾーンらしい。

Img_20438 繁華街というと王府井と聞いていたが通訳さんによると外国人向けの店が多く、彼女たちは宮城の西方の西単へよく行くというから、最終日の夕方寄ってみた。商場、大厦、百貨と並ぶがケンタッキーも回転寿司もあって、知ってる李さんの山東省工場のガリも入ってるんじゃないかと思ったりしたが、ちょっと見には新宿周辺に似た印象だった。でもファッションビル食堂街のカウンター式のオープンな店でテーブルにセットされた電磁調理板で「しゃぶしゃぶ」らしき鍋料理をカップルがぎっしり詰まって食べているのを見ると、やっぱりここは中国だと実感する。

Mvi_20469 最終日は山本オーナーのお世話にて、前門の南方の昔ながらの民家(四合院胡同)風の利群烤鴨店へ出かけた。やや裏通りでこちらも有名、外人客も多い。日本で北京ダックというと皮のパリパリした所だけしか見ないが、ここでは皮の内側の肉も付いていたし、レバー、水かき、ハツ他、ダックをいろいろ料理したものが出てくる。専門料理というのは本来そのはずだ。それにしてもホテルのバイキングまで含めても野菜がおいしい。帰りは大雨に降られたが、運良く泊まったホテルの近所にあったこれも有名なマッサージ店で乾かして帰った。

やれやれという翌日、帰国の途に就く。山本ご夫妻、中央会、同行の蔵の皆様、それから通訳の卓女史大変お世話になりました。

|

« いきなり北京かよ 第2回 | トップページ | 三連休はゼニについて考えた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/interpreter/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/interpreter/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
XFJzspKK

投稿: sirube | 2009年7月17日 (金) 08時56分

貼っておきました。英語のサイトを計画中です。

投稿: 不断齋 | 2009年7月18日 (土) 00時11分

不断斎さまのご指摘どおり、
セブンイレブンの袋は有料です。
2毛(10毛:1元、ですのでここでは3円ほどか)で販売しております。
レジで必ず「袋は必要ですか?」と愛想はないながらも必ず客にひとこと聞いているよう。
セブンのビニール袋の質は大変よいですよー。
有料なだけあります。

最終日は大雨のせいでごあいさつもろくに出来ず大変失礼いたしました。
あの日お分かりいただけたと思いますが、
北京という都市には排水機能が備わっていないため、大雨=そこらじゅうで大洪水、という残念な図式になっております。
うちの会社があるビルなんか、マンホール空けて竹箒で泥水をそこに掃き落とすという人海戦術が毎回繰り広げられますからね。

今年は雨が多いからほんとうに難儀です。

長文、失礼いたしました。

投稿: ゆみんぐ | 2009年7月26日 (日) 14時23分

こちらこそお世話になりました。何をしに来たんだこいつは、と思われたかもしれませんが、仕事の方も準備していきます。1元未満のお札やコインはセブンイレブンくらいでしか入手できなかったでしょうね。あまり両替もしていなかったですが、関西空港でも10元以上の札、それも何十元か以上しか両替してくれないですから、4元のコーラ缶、8元の燕京ビールまで使い切って帰りました。買った緑茶はたしかに香りがいいです。プーアル茶はちょっと濃すぎる感じですが、今飲み方を工夫しているところです。

投稿: 不断齋 | 2009年7月26日 (日) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いきなり北京かよ 第三回:

« いきなり北京かよ 第2回 | トップページ | 三連休はゼニについて考えた »