« 青春18きっぷで首都圏から和歌山まで日帰り? | トップページ | 「近畿」都市部の南の果て イコカ »

2009年7月31日 (金)

湯浅伝統的建造物群保存地区(和歌山県・有田郡湯浅町)

湯浅の町並み保存地区で古民家を改装して売店を近頃オープンした所があります。もとはそこで住まれていたというから本物だし、意味があるのは、農産物のネット販売で結果を出して勝ち続けている所が、実店舗を出されたということです。千山庵と号して切妻造平入のお店で鍛治町通りにオープンしています。早速お酒もお取扱いいただけたので、早く訪問したかったのです。Img_23032_2

湯浅という街は醤油、味噌の醸造で栄えた港町というイメージですが、実際江戸時代を通じて、和歌山城下を南に下れば、一番大きい町はここだったということで重要な港でした。もっと以前、南北朝期では宮方湯浅党の根拠地で歴史的にも重要とは心得ています。

戦後、特に80年代以降、昔からの町は、平地の少ない紀伊半島においては商工業用の充分な土地がないため郊外へ人口や施設が移り、あるいは郊外の幹線道路沿いへ進出してきた外部の商業施設に顧客を取られ、中心市街地がさみしくなりました。どこの町でも似た流れです。

当社周辺の海南市黒江やここ湯浅で活性化の取り組みがなされ始めたのはありがたいことには違いないのですが、どうも湯浅の方が統一感や熱意が感じられます。16世紀末といいますから豊臣天下の頃でしょうか、熊野街道西方の浜辺を整地して開かれたと解説しています。せいぜい2,300m四方の狭いエリアですが、駅からは800mも歩けば充分という感じで、ぶらりと歩いて廻れそうなあたりがいい感じで、平日でもちらぽら散策する人を見かけますし、行灯祭りやしらす祭りと振興、PRに努めてられます。

ただノスタルジックだけではダメで、結局ここでも新店ができた背景には、ネット販売で成果を上げたという今の市場での競争力があるということで、資料館を持つ当社にとっても意味のある事実です。

さっそくランキングなんか張り出すあたりがネットのバックグランドを感じさせてくれます。店内では、レトロなレジや昔の駄菓子屋風の陳列なんかが親しみやすさを感じさせます。

Img_2302

|

« 青春18きっぷで首都圏から和歌山まで日帰り? | トップページ | 「近畿」都市部の南の果て イコカ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯浅伝統的建造物群保存地区(和歌山県・有田郡湯浅町):

« 青春18きっぷで首都圏から和歌山まで日帰り? | トップページ | 「近畿」都市部の南の果て イコカ »