« 味一しぼり(高級有田みかんジュース)ゲット | トップページ | ちょっとマズイかも  今年の米の作柄 »

2009年8月 7日 (金)

OLDTIME訪問(和歌山のライブハウス)

ライブハウスなんて行ったのは久しぶりだったなぁ。京都で学生やってた頃くらいで、社会へ出てから不思議と足が遠のいていたからね。きらいではないのだ。琉春庵さんがジャズピアノをやられると聞いてノコノコ出て行ったのが、鈴丸丁にあるオールドタイムだ。こういうライブハウスがここにあるのは知らなかった。上階が有名な高級クラブで、そっちは聞いたことのあるビルだったが、もちろん入ったことはない。真田堀がすぐそこにあって、和歌山が生んだ永遠のご当地ソング、昭和43年に古都清乃が歌った「和歌山ブルース」にでてくる、ちょっと場末感のある歓楽街である。「真田堀ならネオン川」と歌詞にあるが、今の真田堀は蛍光灯の看板はあるが、ネオンはもうないようだ。それが今や本当に寂しい所になってしまったエリアで、たまに来てもちょっと辛い。アロチ本通り周辺よりはバーや小料理屋が多いという印象だったけど、早めに着いたので周辺を歩いても、歓楽街の夕べというムードからはかけ離れてきていた。だれかじゃないが、どげんとせんといかん。そう、そういう意味もあって積極参加だ。場違いでもね。Img_2429

|

« 味一しぼり(高級有田みかんジュース)ゲット | トップページ | ちょっとマズイかも  今年の米の作柄 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OLDTIME訪問(和歌山のライブハウス):

« 味一しぼり(高級有田みかんジュース)ゲット | トップページ | ちょっとマズイかも  今年の米の作柄 »