« 週末の新幹線は空いている | トップページ | 飲んでみんかい vs 飲んだるわい »

2009年8月11日 (火)

世代交替を考える

先週の営業廻りで訪問した先には世代交代の時期にあるお店が多かった。ご主人が病気になったとかがきっかけで、いよいよ交替に取りかかることが多い。親が元気だと本人から言い出すのが難しいし、いつまでたっても子供は子供で子の仕事ぶりに満足できないことが多い。それがまた時代の流れに取り残される原因になることも多い。それに同世代の方がやっぱり話やすいし、何か新しい企画に取り組もうとなると似通った年代どおしで組むことが多い。これは蔵でもいっしょで、結局自分とお客が平行して年を取っていくことになる。奥さんががんばる所など、まったくいろいろだが、昨今兄弟とも入っているパターンが多い気がする。もちろんこれは後継がいるケースで、地酒を専門的に取り扱っていこうなど、全体から見ればごく一部だし、そういう所をピックアップして廻っているから、廃業が多い業界全体の動きとは異なる。

|

« 週末の新幹線は空いている | トップページ | 飲んでみんかい vs 飲んだるわい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世代交替を考える:

« 週末の新幹線は空いている | トップページ | 飲んでみんかい vs 飲んだるわい »