« 庭ブロ    見習って地酒ファンを増やそう | トップページ | 清酒業界 平成20醸造年度の統計を読む »

2009年8月19日 (水)

からっとした夏の日に アロチは人通りが少ない

予約しなくても大丈夫だ、今は未曾有の不景気だぜ、と思っていたら、参加者が増えて、4人テーブルしかないところへ6人、これが地元の者だけならいいが、全国なんとかのを迎えてのことなので、またにしますと電話で詫びる。で駅前まで移動か。タクシー代だけ損じゃないか。行った居酒屋もそう空いているとも思えなかった。景気の最悪期は脱したのか?。でもアロチ(JR和歌山駅の北西方に広がる飲食店街)の人通りはすくない。わずかに覚えている店は火曜日なのに閉店?、結局落ち着いた店に聞くとお盆の休みをずらしていたのでは、という。そう、盆明けはヒマよなぁ(和歌山弁の語尾言い回し)、とママ。ここもいつか行った所だからと、その時連れて行ってもらった人に電話して空いているのを聞いていただいたのだが、いざ行って話してみると、その人も3年くらい会ってないってさ。つまり自分がここへ来たのは最低3年ぶりということらしい。あの人もいっこも(少しも)きてくれへんでぇ。ハァ、そうなんですか。お互いあまり飲みに行ってないということか。

しかし今日はカラッとした夏日で夜も歩きやすかった。昼間来た米屋君によれば、富山は日照不足、稲刈りは10日ほど遅れて9月5日頃からになりそうだという。あっちは低温だそうで、これからの登熟が気がかりだ。おかげでカメムシは少ないがイモチ病とかが心配だそうな。何だかこの前和歌山の農家から聞いた話と食い違う気がするけど、天候が悪いのでカメムシが多いとか言ってなかったっけ。地域によって違う?また調べておこう。ということで、視察日程を相談する。仕事だけど旅心が湧いてくる。

|

« 庭ブロ    見習って地酒ファンを増やそう | トップページ | 清酒業界 平成20醸造年度の統計を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: からっとした夏の日に アロチは人通りが少ない:

« 庭ブロ    見習って地酒ファンを増やそう | トップページ | 清酒業界 平成20醸造年度の統計を読む »