« 酒造組合臨時総会  | トップページ | 地籍調査の立ち会いに花園村の山中へ分け入る »

2009年8月23日 (日)

パンダ列車

海南から大阪方面へ出かけるには、JRの特急くろしお、スーパーくろしおに乗るのが早い。オーシャンアローは海南には停まらないのがある。週末、全国の様子を聞こうと阿倍野まで出かけたが、リゾートシーズンだから指定席にしてみると、パンダの車両にあたった。車両の外壁にパンダ列車とシールを貼っている。モハ380は16列×4席の配置でその16列目の4席にパンダの頭を付けて座席の色も変えているだけだ。カバーをかぶせただけには見えなかったが、ちょっとした投資と宣伝に利用している。交替で仲良く座ってねと書いてあるからには、ここの列と親用に向かいの2列は座席指定していないわけで、小さい子供が退屈しないように遊ばせる仕掛けなわけだ。予想にはずれて車両はがら空きだったが、1組だけ子供を連れてきてあやしている親がいた。それも短時間のことだ。9両編成の7両目だったが、パンダシートがあるのは降りてみると1両だけのようだった。各車両にすると指定席がかせげなくなるからか。パンダは当然白浜の南紀アドベンチャーワールドで飼育されている、白浜温泉の呼び物であるが、さて効果のほどは。Img_2620

|

« 酒造組合臨時総会  | トップページ | 地籍調査の立ち会いに花園村の山中へ分け入る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンダ列車:

« 酒造組合臨時総会  | トップページ | 地籍調査の立ち会いに花園村の山中へ分け入る »