« 湯浅伝統的建造物群保存地区(和歌山県・有田郡湯浅町) | トップページ | のみ切り2009 ことしもやらねば »

2009年8月 3日 (月)

「近畿」都市部の南の果て イコカ

今日は午後見学者の案内役をかってでたりもしたが、商工会議所の幹部会にも出席した。何しろ夕飯付きだし。今年の工場見学は、段ボール工場と新鋭の製鉄所で決まりだ。業種が違う1桁と3桁規模が大きい事業所の見学が何か意味があるのか自問するが、まぁ楽しいだろう。知事に要望事項を出すらしいが、その中で興味を引いたのがJR阪和線整備促進についてだ。(阪和線は和歌山までで、海南はきのくに線内。延伸を求めているので阪和線の語を使っている。)海南市を南北に縦貫する紀勢本線(きのくに線)は市内日方から藤白の主要部分を高架しており、特急もたいてい止まる、まずまずの環境に進展してきている。朝1番の特急が始発になるし、快速も始発になるのがある。黒江駅のバリアフリー化も掲げられている。要はもっとこれを増やせとか、紀州路快速はここからにしようとか、まぁ要望ですから言ってるわけです。駅の周囲にマンションが林立すればそうなるはずだが、ちょっと天王寺が遠いよなぁ。

それは大事なんだが、私が以前からこだわるのが、「イコカ」ICカードの利用範囲で、現在和歌山駅までという南限のことだ。ピタパやスイカも連動してこの範囲になる。出張もそう多くないくせに、ピタパ、スイカを持ち歩く私には、この利用範囲が何やら「近畿」都市圏の南限を示し、海南はそこからはずされているようで、いささかコンプレックスを感じていた。JR職員に聞いたことがあるが、やっぱり乗降者数でしょう、ということで、せめて海南までにしましょうよと言っているんだけど。

迂闊に天王寺でICカードで入場して、和歌山駅での連絡が妙に良くて一旦外へ出る時間がないと、黒江や海南で降りるときちょっと面倒なことになる。入場信号を取り消して、全区間現金ではらわないといけない。乗るときもたいてい和歌山駅までの190円だか230円だかを現金で買って、出るとき乗り越し精算機でICカードを入れるとなると、近距離交通費はICカードで付け漏れなしをめざしているので、スマートさに欠けるし、時間ロス、経費記帳の手間等、田舎暮らしのハンデを感じさせてくれる。

ちょっと考えると和歌山のひとつ南の宮前が無人でネックのように思えたが、南海なんかけっこう小さい駅でも使えるようにしてるから、何とかなるんじゃないか。黒江なんか学生が多いからみんなICカードやお財布携帯ですぐなじむと思うけどな。

|

« 湯浅伝統的建造物群保存地区(和歌山県・有田郡湯浅町) | トップページ | のみ切り2009 ことしもやらねば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「近畿」都市部の南の果て イコカ:

« 湯浅伝統的建造物群保存地区(和歌山県・有田郡湯浅町) | トップページ | のみ切り2009 ことしもやらねば »