« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

和歌山ポンチとはどんなものか フルーツの国の酒蔵は悩む

県庁が自県の産物のイメージアップや販路拡大を応援する。たぶんどこの県でも多少はやってるんだろう。担当課長のお話を聞く機会があり、和歌山県の取り組みや食品流通全体などをご説明いただく。ここは一言でつかむとフルーツ県だ。たぶん福島あたりとトップを争っているが、出荷量はともかく出荷額なら、1位だと聞いたことがある。日当たりが良くて水はけがよい、傾斜地が多い、となれば、ミカン、ウメとヒットを飛ばし続け、モモ、柿と挑戦が続くのは自然。もちろん水産品もあるが。ところが、そう、米は消費県。平地が少ないから無理もない。

ここで清酒を造る立場は辛い。もちろん県内で酒米の契約栽培にも取り組んでいるが、他県からの良質の原料米確保に努力する方へどうしても行ってしまう。ワインと違って歴史的にも製造地と原料米の産地は離れていることも多い。ワインは単発酵、果汁は最初から糖だから、発酵させるだけで酒になるので、原料の質がストレートに製品に反映する。米はでんぷんだから、一旦、麹の酵素で糖にして、その糖を発酵させる、二段のプロセスが必要。この二過程を同時に空気中に開いた桶で行うという、開放平行複発酵というのが清酒づくりの特徴で、製造工程が複雑なだけ、蔵人の技術、設備、水といった多くの要素が酒の質に影響するから、米も地元に限らず、遠くても最高のものを運んできて、最高の技術と設備で造るという選択も成立するのだ。いい仕込水、適当な市場へのアクセスという要素もあった。

とは言え、梅酒が売りやすいという、果実県のありがたみもあって、どう利用、あるいは協力するのか考えなくてはならない。

イベント出展費に補助して、蜜柑船のようなディスプレーを提案したり、梅の甘露煮+自県産果物のフルーツポンチを「和歌山ポンチ」と称して広めようとかまで考えるている。給食にもっと取り入れ、食育を図ろうというのはいいアイデアだと思った。

産地全体をPRする必要、PRの効果効率から考えるとしかたがないのだろうが、展示会支援はいいが、百貨店、大手スーパーと組むのは、必ずしもどうだろう。税金は産地振興に使われているが、特定の大手流通業者への支援にも使われていることになる。個人経営の地酒ショップや食品店に産地イメージを浸透させるような目に見えない広報活動も望まれるところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

玄米1㎏からどれだけ純米酒ができるのか

酒造シーズンが迫り製造担当者と会議を特に行った。技術、設備、米、水、でも何より気合いとチームワークだな。とはいうものの経営者の姿勢も大きいんだ。ただ、技術的内容の事はもう実際蔵に入っている者にかなうはずもなく、自ずと彼らの働く環境づくりや資材調達、設備の問題点を考える等がこちらの役目かと思う。

決まった計画表を見て彼らに宿題をだした。1升瓶がどれだけの米でできるのか、「消費者に聞かれたら答えられるようにしておいて下さい。」、と。案外さっと答えられる業界人は少ない。

酒化率という言葉があって、白米1トンからどれくらい純アルコールが得られるか、という数値で、純米酒の場合350から370Lだろう。精米後の最も乾燥した状態をベースにした場合だが、仮に360Lとしよう。白米1.5トン仕込みの特別純米クラスで、540Lの純アルコールができるから、製成は18.1%なら2983Lの原酒がでてくる。これが「ひと仕込み」の製成量だ。15.7%の度数に調整された火入れの製品ならば、2983×18.1÷15.7≒3439L、1.8L瓶で1910本となる。1500㎏÷1910≒0.7853、つまり白米785gで1本の一升酒ができるわけである。精米歩合で割って785g÷0.57≒1377gとなり、これだけの玄米から純米酒の1.8L瓶一本ができあがることになる。欠減とか、なんとかタレ歩合とかもあるが、まぁおおよその見当にはなる。1400gと答えて置いて差し支えない。

1反(1000㎡)8俵の酒米がとれたとして、60㎏×8=480㎏÷1.377≒349本、1反の田で350本ほどの純米酒の原料が採れる。1000÷350≒2.857㎡、となり1升瓶1本のための田は1.69m四方を要することになる。ちょうど自分が両手を広げた幅の正方形となる。

まぁあくまで、目安。それもそれなりの純米酒でのお話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月25日 (金)

何にしても新しいホテルはいいなぁ 難波の新名所

近畿の酒蔵の青年部みたいなやつに出席する。もう定年なんだからと通告しに行ったようなものだ。とは言え今日は初めて使う会場で、不動産会社の本社ビルでもあるが上層階がホテルモントレグラスミア大阪になっている。宴会場から001002難波一帯から生駒山までを一望できる。7月27日に開業したばかりでこの時期に新築商業ビルとホテルをオープンさせるとは恐れ入る。湊町リバープレイスの南側、JR難波駅の東隣で「マルイト難波ビル」(高さ144メートル、地下1階、地上31階建てで、延べ床面積は124,000平方メートル)か。20階付近にビルの中央にガラス天井で蓋をした吹き抜けホールを作り、ここにイギリスにある教会をそっくりコピーして建て込んでいる。屋根は実物は藁葺きらしいが消防法上の制約でカーペット生地みたいなもので葺いているが、他はそっくりだそうだ。大和路線や阪和線沿いの人には利用しやすいホテルになりそうだ。何にしても新しいホテルはいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

山形の様子を利きに行く

先日の雄町サミットでもそうであったが、当今の地酒シーンでは明らかに山形勢が名声を馳せる。高名な技師先生のコメントを聞く分には手間をかけろということなのだが、さて実際どうなっているんだろう。雰囲気だけでも見聞に行こうと思い立った。設備や技術は別ルートの話だ。せっかく東京に出てきてもいる。

唯一の当てとなるお店を訪ねると、駅前の飲食店街ではなく、閑静な住宅街のただ中であった。近くには駒姫(最上義明の娘で豊臣秀次の側室に出され行ってすぐ殺された)の菩提寺もある。もちろん山形の酒もあるが全国の銘酒が集うお店で、オーナーが検分やら買付やらで全国を回られる。以前、和歌山まで来ていただいたお礼を述べ、いろいろ伺った。「もってのほか」「みず」の実、「めひかり」のフライ、ずんだ豆、芋煮、、、飲ませてもらいに来たようなものだったが。

Img_3145_2

 ここだけではなくこれまでのいろんな人からの話も総合すると、非常に技術面や工程へのこだわりはあるが、一部の有名蔵以外は案外厳しそうだった。たぶん事実だろうし、産地として勝ち組と思われている所でこれでは困る。 東京とかへは量的に対応できない、ややオーバースペックな製品を出して好評は博しているものの、十分それだけでやっていける蔵はいいが、なおウエイトのある地元消費の普通品の落ち込みが厳しいらしい。遠地の自分にはよくわからないが真面目すぎるんだろうか。酒メーカーにすれば、確かに高品質品づくりに集中するというのは聞こえもよくてかっこいいが、実際のところは何かと組み合わせるとか得意な分野をどうこうしないと「こだわる」ということには限界があるのかもしれない。

ここのお店にしても昼間はカレー専門店として非常に有名になっているようだ。銘酒居酒屋+カレー専門店の組合せはこれまで聞いたことがない。マスターによれば昼のカレーがあるから好きな酒を集めてこだわることができるということだ。自分に引き比べてみて、ノンアルコールの部でどこまでいけているのかはなはだ心もとなかった。今度は昼間にカレーで来たいお店だ。

ばんこう花 023-633-3191 山形市東原町1-12-29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

ちょっと彩りを取り入れて(純米酒フェスティバル2009秋)

純米酒フェスティバル2009秋に参加してきました。10周年だそうです。年々消費者向けになってきてファンサービス、認知度アップが目的になってきていますが、10年間で良い純米酒の普及に貢献があったことは否定できません。

入場料をはらった限り、飲める量に限りがあるなら、出来る限り高いあるいは好きな酒を飲んで帰るのが得なシステムですから、参加者はそういう動きになります。開始の合図で斗瓶取りを振る舞う有名な蔵のブースへしばらく人が殺到するのはそういう動機でしょう。当社も1アイテムは斗瓶取りをさりげなく出していますが、そういうファンサービスデー対応という意味です。

毎年同じアイテムを持ってきて、お得意先とかに今年の出来をチェックしていただくのも大事な参加目的なのですが、全部持ってくるわけにもいかないし、飽きも来ますから、少しづつアイテムを変えたり新作?を持ってくることになります。今年は「ひやおろし」の発売が間に合ったこと、雄町の純米吟醸を出して見たので、少し変わり映えしたと思います。ラベルがワンパターン化しているので、色を変えたり牛の絵を入れたりしています。で、ちょっと秋らしく見えたでしょうかか。

Img_3131

言われるままに注いでいくと確かに高い酒から減っていきますが、それでも順番にアイテムを利いてくれたり、意見をくれる方もいて、アルバイトだけに任せておくことは危険です。蔵が遠く離れた都市部の消費者と直接接する機会であることには注意しなくてはいけません。

シルバーウイークにも関わらず出かけもせず飲みに来ていただいてありがとう、と主催者が挨拶していました。

Img_3134

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

富山から契約栽培米が到着しました

精米機の試運転に合わせて今年の契約栽培米の初荷が到着しました。いや合わせたのですが。富山県砺波市の五百万石で、特別栽培の減農薬米です。わざわざそんな表示はしませんが、せめてこれぐらいは、がこれからは標準になっていくでしょう。先月末に見てきたばかりの田からこうしてきちんと袋詰めされて届くとそれだけでうれしい気持ちになります。

減農薬というのは通常の慣行農法の半分以下の農薬使用量に抑えることや栽培記録をきちんとつけるとか、それなりの基準があるようで、圃場には札が立てられていたり、畦の草刈りは実際人力でやっていましたから、言葉だけではないようです。

農業も彼ら専業農家は商売ですからプロ意識が働きます。土壌づくりに金をかけて収量アップと品質向上で単価維持を図っているのですが、こちらもプロですからあまり収量を増やすなと妙な要望を出します。米屋も資材を売り込んだり、うまく農家を動かそうと考えているので、そこは大人の関係でうまくやっていこうということです。できた酒が売れないと全てがうまくいかなくなります。買ってこそのお客ですから。米袋に栽培法をPRする言葉を見るといつも思います。

Img_3123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

座して業界の秋を知る

1日社内にいたのは久しぶりのことだ。見て回るとそう言えば製造開始用の最初の米が運び込まれている。精米機はインバーターの交換中、終われば即試運転、明日からか。放冷機が修理中で、製氷機増設の電源工事も行われていて、瓶場は小瓶を詰めている。シーズン前とあって工事や作業が重なっている。

営業からは季節製品の予約の取り方の意見を聞き、事務からは顧客に手紙を書くよう頼まれる。商工会議所経由で他県の商工会議所から副産物での地域産品開発に関して工場見学の依頼を受け電話で説明。金融機関と来季の設備投資について協議。国立和歌山工業高等専門学校の先生の訪問もあって技術研修の案内を聞く。検査機器も使いにきて下さいか。広告依頼は断ったし、週末からの出張の準備もある。書き出して見れば、なるほど一人くらいは待機している必要はありそうだった。これでも繁忙期は配達も手伝う。

中央会にちょっと探りを入れたり、ご同業ときき酒会への出品のしかたについて電話で相談をする。どこに掛けてもやや寂しいが、奮い立たせてまた別の作業にかかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

黒牛 ひやおろし(生詰 原酒) 本日発売

9月15日瓶詰して、本日「ひやおろし 黒牛」を発売しました。

1.8L瓶だけです。参考小売価格で税込2750円

アルコール分18%の原酒で、春にタンクで火入れしていますが、瓶詰め時には加熱していません。

600本ほどの限定出荷ですので、よろしくお願い申し上げます。

旨みがのって香りも錬れています。

Img_30113

9月9日に解禁とか発売した所が多いので、やや去年までに比べ出荷日は早くなりました。当社としては、ひやおろしというのは、蔵に貯蔵して夏を越してほどよく熟成した原酒が、蔵の外気温が下がってきたタイミングで生詰めの原酒で出荷するものだと思っていますので、あまり早い出荷はいただけません。聞けば10月1日は日本酒の日で清酒全般をピーアールしたいとか、大きい蔵は10月に入るとしぼりたてが出てくるからインパクトが弱くなるとか、もっとひどい販売上の理由とかで、年々早くなってしまったらしいのですが、まぁこれくらいの時期でいいのではということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

円の対クローネ相場は関係ない

米ドルやユーロに円を交換するのではなく、ややマイナーな、円もそうだが、通貨に交換しようとすると手数料は高い。一旦ドルに替えてさらに目的の通貨と交換するらしく、これをクロスレートと言うそうだ。単純に各国通貨交換率表が出ていても、実はマイナーどおしでは2回分手数料を取られていることになる。で、この1クローネ7.5円くらいがどうだというんだ。「Yen_Vs_Krono.jpg」をダウンロード

リーマンショックなんだろう。08年10月スエーデンクローネは対円で58%下落、現地の知人のメールを見ていると苦境が感じられた。何とか乗り切ったようだが、10年1月から3年、家賃を30%安くする交渉に成功したそうだ。ということは賃料も下がっているから相当向こうも不況ということだ。経済誌を読むとバルト3国への不良債権が優等生国家を苦しめているようだ。

先週の出張中、輸出に熱心な蔵元と飲む機会があったが、やっぱり経費を考えた海外出張がなされているようでもなかった。

それにしてもな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

雄町を使った酒の利き酒会をのぞきに行く

JA全農おかやまや酒造組合とかで、「岡山県雄町・山田錦サミット」を東京で開催するというので参加してきた。実は雄町で酒を造るのは2年目でどういうものがあるのか知る必要があった。要項からだいたい想像してはいたが、雄町がどうより山形とかの酒の仕込み方、火入れ貯蔵の方法の勉強になったような気が。とは言えJA関係や農家の人と懇親会で話ができたのはよかった。

それにしても兵庫の山田錦が東京でこういう催しをしたとは聞かない。現地でサミットをやってるとかは聞くが。自分の中では岡山の人というのは頭が良いというイメージが強いが、なかなか積極性も大したものだ。全国新酒鑑評会がその役割を果たしているのかもしれないが、米にしても産地イメージの向上に取り組む必要を感じているということだった。そのうち和歌山の南高梅を使った梅酒のコンテストを和歌山の経済連が東京でやることになるのかどうか。

交配せず安政頃から栽培され続けているこの米は、あまり精米しすぎると割れやすいものの、味の乗った香りの豊かで明らかに山田錦とは違う特徴を出すので、純米吟醸あたりで重宝される品種だ。多くの品種が交配で開発されているが、ずっと変わらないというのがまた魅力だと思う。妙に背の高い稲を見つけて栽培して見たら酒米には最高だったので広まったという由来を聞くと、突然変異なんだろうか。随分ありがたい変わり種だったようだ。JA岡山東で400トン、JA岡山で540トン、JA瀬戸内で22トン、JA岡山西で2トンが年平均気温14.5℃ライン以南で栽培されているとの表示があった。JAを通さずにどれだけ作られているかは不明だが。024このうち約10トンが当社に運び込まれてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

製造計画作成始動 

9月も第2週入り。早生の五百万石や美山錦はそろそろ稲刈りだろう。夏の天候不順があったとは言え、今頃刈り取っているはずだ。去年より何日遅いのかは反省会で聞こう。作況は言ってるほど悪くはないと思う。

この時期になると米屋や組合に、何俵買うんだっけとか、予定どおり入手できるのかをまた連絡を取ることになる。何をどれだけ作るのか在庫を照らし合わせながらまた計画しなくてはならない。

毎年同じことをやるんだが、やりかたは微妙に変わってくる。自分で作った計画方式だから当然だろう。あまり去年と変わり映えしないが、産地と購入先のトレースがしやすい計画になるだろう。

蔵入りは10月4日、9月中旬には精米機の試運転に入る。ロールやポンプも到着し、修理中の機械もあるが、少しずつムードは引き締まりつつある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

大和川沿いを休日に歩く

一度歩いてみたいルートに大阪市の南東部の大和川沿いを八尾までというのがあった。地理感覚の最もないあたりだ。JR阪和線の杉本町が大阪市の南端の駅で、大阪市立大学が目に付く。ここで降りて概ね東へ向いてウネウネと南北に振りながら町並みを見、堤防上をふらついて行く。Img_2945

伸びやかで眩しいが堤防から生駒の山並みが見えて、暑くなければ最高なんだが、良い気分だ。けっこう車も少ない。杉本、苅田、庭井で住吉区から東住吉区へ、矢田、住道矢田から平野区へ、瓜破で北上して出戸、長吉六反から八尾の太子堂へ入り、大聖勝軍寺で聖徳太子を拝む。

Img_2962

境内には太子を合戦の時守ったという霊験ある神妙椋樹があってありがたい日陰だった。10キロばかり歩いたろうか、久宝寺駅から帰る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

かまどの灰までわしのもんや

とは、昔どこその家で遺産相続でもめた時、跡取りの当主が兄弟の前で言ったせりふらしいが、例え方と表現だけのことかと思いきや、昔はかまどの灰が実際売れたようだ。

 これがまた実際復活しているらしい。薪屋が儲かっているらしいが、石窯のピザ等炭で焼いている釜の増加が背景だというい。薪を売る、でてきた灰を引き取る、引き取った灰を窯業に売る。陶器を焼くには灰がいるらしいが、ゴミを焼いたようにいろいろなものが混ざった灰は廃棄物で、純然とした木や炭を焼いた灰で量と質がそろえば金になっているというのだ。

酒で言うと糠と酒粕なんだが、一時に比べると高くはなったが、質を揃えるとか、異物混入を防止するとか、高く売るためのハードルも高くなる一方だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

京都から海南まで

今日日帰りで京都まで往復する。新都ホテルで勉強?したんだが、ロビーで野中広務先生に遭遇、けっこうにこやかなムードでエレベーターで上がっていかれたが、先生の胸中や如何。で自分が参加した方の講師が林野庁の課長さんか。

そのテーマの方は、まぁそのうち酒のレベルでお返ししよう。「当社は何ヘクタール山林を経営して地球環境に貢献しています」、なんてFワーズな内容の宣伝はしないつもりだ。

そういう道中やっと何とかなったかという満足と情けなさに浸っていたのだが、恥ずかしながらJR西日本のe5489をそれなりに使えるようになるまで1年ほどかかってしまったことだ。例えば海南から新大阪まで、窓口で切符を買うと、指定席で2900円かかるところを2700円で行ける。ケータイとかPCで予約してカード決済し、乗る直前に窓口でカードを示して受付番号を言って切符を受け取る方式なのだ。年に何回か使うとカードの年会費くらいは引き合うだろうと、加入したのはいいが。予約はケータイは6分前、PCは30分前までできるが、なかなか融通がきかない。例えば乗車券は京都まで、特急券は新大阪までというのは難しいとか、新幹線の方のEX予約はIDとPWが別で、もう番号管理で混乱してしまうのだ。あと、往路はいいが普段使わない駅で切符を受け取るのにどれだけ時間がかかるかわからない。結局、新幹線はJR東海のエクスプレス、在来特急はJR西日本、スイカと近郊電車はJR東日本で、ピタパは関空カードと兼ねてスイカとの代替性をもたせる?という、珍妙なスタイルができあがってしまった。これにJALとANAカードが加わり、ろくに買い物などしないくせに、移動のためだけに多数のカードを持ち歩くことになってしまった。帰りの電車を懇親会が終わってから携帯で予約しようとしても、日根野まではるか、あとはJR快速とかの設定ができず挫折。さっさと歩いていれば1本早い新快速に乗れたはずだ。EXカードはその点窓口に寄る手間が不要なので、東京との行き帰りに飛行機よりも新幹線の利用割合を増やすきっかけとなった。

こういうレベルのユーザーがどの程度いるのかわからない。それでもここは一旦改札をでてからICカードで入り直した方が得だとか考えながら移動している。まさに貧乏症だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »