« かまどの灰までわしのもんや | トップページ | 製造計画作成始動  »

2009年9月 7日 (月)

大和川沿いを休日に歩く

一度歩いてみたいルートに大阪市の南東部の大和川沿いを八尾までというのがあった。地理感覚の最もないあたりだ。JR阪和線の杉本町が大阪市の南端の駅で、大阪市立大学が目に付く。ここで降りて概ね東へ向いてウネウネと南北に振りながら町並みを見、堤防上をふらついて行く。Img_2945

伸びやかで眩しいが堤防から生駒の山並みが見えて、暑くなければ最高なんだが、良い気分だ。けっこう車も少ない。杉本、苅田、庭井で住吉区から東住吉区へ、矢田、住道矢田から平野区へ、瓜破で北上して出戸、長吉六反から八尾の太子堂へ入り、大聖勝軍寺で聖徳太子を拝む。

Img_2962

境内には太子を合戦の時守ったという霊験ある神妙椋樹があってありがたい日陰だった。10キロばかり歩いたろうか、久宝寺駅から帰る。

|

« かまどの灰までわしのもんや | トップページ | 製造計画作成始動  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大和川沿いを休日に歩く:

« かまどの灰までわしのもんや | トップページ | 製造計画作成始動  »