« 和歌山ポンチとはどんなものか フルーツの国の酒蔵は悩む | トップページ | 鉄パイプは横から棒を突っ込んで作る »

2009年10月 2日 (金)

日本酒の日(10月1日)記念イベント ぐっと飲ろう紀州の地酒

和歌山県酒造組合連合会が、日本酒の日(10月1日)記念イベント「ぐっと飲ろう紀州の地酒」を開催した。場所はJR和歌山駅正面すぐにあるホテルグランヴィアで、一般参加イベントを開催するのは去年からで2回目となる。大昔は知らないが。

平日にも係わらず、思いの外、230名以上の参加者があり、だいぶお得な企画だと知れてきたのかもしれない。第1部セミナーの講師は昨年に続き、ソムリエ、日本酒スタイリストの木村克己先生。今年は燗酒のいろいろな楽しみ方、日本酒の生活の中でのちょっとした利用など一般の方にもわかりやすく役立つお話だった。 Dscf15362

第2部の試飲会というのは、立食ではあるが、「香り系」「味わい系」「こだわりコーナー」「燗酒」と4コーナーに10社の協賛蔵が出品して利き酒会である。メーカー別のブースにして妙な張り合いがないようにという配慮で、各酒造会社の社員が混じり合って分担するようにした。

加えて、上撰クラスの組合員全社出品可のコーナーも設けたが、案外ここに来てききくらべをする人が多かった。

何にしてもこういうイベントができるようになっただけでも大きな進歩だ。大産地のように都会でイベントができるようになっても、地元の企画は必須で、なくなることはない。まず継続、定着からだ。Dscf1572

|

« 和歌山ポンチとはどんなものか フルーツの国の酒蔵は悩む | トップページ | 鉄パイプは横から棒を突っ込んで作る »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/46369009

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒の日(10月1日)記念イベント ぐっと飲ろう紀州の地酒:

« 和歌山ポンチとはどんなものか フルーツの国の酒蔵は悩む | トップページ | 鉄パイプは横から棒を突っ込んで作る »