« 高野山から山中を廻る | トップページ | 熊野が少し近くなりました »

2009年10月23日 (金)

結果が出るまで実はわからない、これは怠慢か

002 さんざん田甫を廻って今年の収穫予想を習ったわりには、米屋も含めて読み切れない結果が出た。福井県の五百万石に限り、推定3~4割収穫が少なかったのだ。福井だけ飛び抜けて悪かったらしいが何がどうとこちらにはわからない事情なんだろう。1000俵以上買うつもりでいて、1台180俵注文をいれたところで、今年はこれで終わりです。?そりゃないやろ。甘かったのは富山の圃場を見て、今年は反に半俵落ち程度と読んで、五百万石はこんなもんだろうと片付けたことだ。同じ北陸でそんな違いって出るの。?自然相手の部分あるからねぇ。

でバタバタして、穴のあいた部分は新潟と石川の五百万石、福井の交渉追加分、雄町への振替、で今年の割り振りを固めることができた。

夏に天候が悪く雨が多かいと早生品種でダメージが多かったのは各県同じだが、登熟時期の微妙な産地間の差が被害に反映したようだ。これはいい勉強になったと考える次第だ。

|

« 高野山から山中を廻る | トップページ | 熊野が少し近くなりました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結果が出るまで実はわからない、これは怠慢か:

« 高野山から山中を廻る | トップページ | 熊野が少し近くなりました »