« 二酸化炭素排出を削減するなら精米は共同でするのがよいか | トップページ | 1000㎞も北に行けば少しは涼しい »

2009年10月29日 (木)

リアルの街の賑わいにネットは貢献できるか

粉河までわざわざ電車を乗り継いで、降りてまた10分歩いてセンターへ向かう。今日はネット販売で和歌山のええもんを売る紀伊国屋文左衛門本舗の社長さんの報告だった。そんなにしてまで懇親会でビールを飲みたいのか?車で来てお茶で済まして帰ればいいだろうに。というわけではないが業種上の姿勢を示すためでもあるんだ。それにあんまり所要時間も車と変わらなかった。徒歩圏をちょっと広げて見れば生活が変わりそうだ。

今の田舎で元気のいい所は何らかの形でネットを使っている。地酒、みかん、家具、ダイヤモンドの指輪、ジュース、ワイン、シフォンケーキ、チーズケーキ等々、当たってるらしいと地元で県内で聞くだけでもこれくらいはあるが、ここはミカンを日本一売ってるそうな。規模ももう突き抜けつつある。パスタが何で売れなくてチーズケーキが売れるかを説明してくれたのはありがたかった。でもな、ウチはメーカーで、カゴに入れるだのカード決済だのを自社サイトなりダミー店を作ってサイトに置くと販売先が横を向くやろ。有名地酒メーカーなんてホームページをわざと作ってないところもあるけど、ちょっとそれもな。

こうして地方がシャッター通りばかりになってくると、やれストロー効果のせいだからもう道は作るなとか、大手のショッピングセンターのモールが悪いから規制しろとか、コンビニだのロードサイドのチェーン店は地元との付き合いもきちんとせず法人税は本社もある大都会へ払って地方から金を吸い取っているだの、すぐ悪玉捜しをするが、相当の部分がリアルの商店街からネットへ顧客が流出しているのではないだろうか。大手のSCだってもう楽ではない。モノが売れないとか、これからは心の時代だとか言う人もいるが、○○オークションだので新品から中古へシフトしている部分も大きいかもしれない。ネットと宅配便にリアルは喰われだしているのだ。

ネットで好調という事業所を訪問するとただの倉庫にしか見えない。事務所は活気にあふれているが。別のネット成功者のお店など外見はまったくの一般住宅という例が複数ある。してみると地方で何かネットであてたところで商店街が活気づくわけではないわけだ。せいぜい閉店せずに置いてくれるくらいか。これがネットのつらいところだなと悩んでしまった。もちろんここの本舗さんは、湯浅の伝統的な町並み保存地区にレトロな実店舗も出してくれたからそこはきちんと地元への想いに熱い方なのでいいんだけれど、うまくいったら大抵は郊外にいい家を建てるくらいだ。うまくいっても実店舗は本店だけでいいから、行って楽しいいいお店を守ってほしいなと思う。

|

« 二酸化炭素排出を削減するなら精米は共同でするのがよいか | トップページ | 1000㎞も北に行けば少しは涼しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアルの街の賑わいにネットは貢献できるか:

« 二酸化炭素排出を削減するなら精米は共同でするのがよいか | トップページ | 1000㎞も北に行けば少しは涼しい »