« 大規模災害時にどうなるのか少しわかりました 紀北の水害 | トップページ | 新酒あげ  これからいよいよ忙しくなる »

2009年11月22日 (日)

酒は何度で凍るのか

冷凍倉庫の営業で来社があった。以前こちらから問い合わせたっけ。

清酒を瓶に貯蔵して冷蔵すると、特定名称、つまり純米とかだと、瓶に詰めた日ではなく、冷蔵庫から出して出荷する日付にできる。場所がないとなると倉庫が必要だ。

以前北海道で営業された方の話を聞くと-20度になると凍って割れるという話だった。-14~15度で試しに何本か預かってもらうと、茶色瓶の15%は凍って、グリーン瓶の18%生酒は凍らなかった。ちょっと冷凍機を緩めて-11~12℃でテストしたら凍らなかったようだが。様子を見て、調子が良ければ春に生酒で試してみよう。酒って、いったい何度で凍るんだろう。

それにしても、最近みぞれ酒って聞かないけど、どうよ。過冷却で凍らないんだけど、グラスに注いだ瞬間凍るんだこれが。それを呼び物にしているお店があった。何とかの上撰が一番調子いいんだとか言っておられたが、どこがどうで、どういう%のどういうタイプの酒ならどうなるのか、試すところまではいってなかったようだ。

|

« 大規模災害時にどうなるのか少しわかりました 紀北の水害 | トップページ | 新酒あげ  これからいよいよ忙しくなる »

地酒」カテゴリの記事

コメント

香港に、みぞれ酒がありますよ。
日本料理屋で飲めます。
銘柄は京都の玉乃光の紙パックです。
専用の冷凍機で過冷凍して、
客に出す時、パックの先端を切って
高い位置から一気に注ぐと凍ります。
飲みやすいので、とても危ない飲み方です。
コッチの人にはパフォーマンスと
飲みやすさで受けているようです。

投稿: inaokan | 2009年11月24日 (火) 20時09分

そうそう。忘れてました。いろいろお世話になってる蔵なので怒られますわな。遠い親類が昔、灘の蔵の北海道開設担当だったそうで、倉庫の酒が凍るのを防ぐ対策も必要だったと聞きます。たぶん来年春には一部、冷蔵倉庫での貯蔵は試験するでしょう。ただみぞれ酒は通常商品を過冷却すればできるので、それとしての商品化は考えていません。もちろん商品化されているものは、それに適する何らかの工夫があるのでしょうが。冷凍ストックに魚といっしょに、某長野の蔵の上撰が過冷却で瞬間シャーベット化には一番都合がいいんだというお店が東京・新橋にありました。最近行ってないんでわかりませんが。

投稿: 不断齋 | 2009年11月25日 (水) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/46825217

この記事へのトラックバック一覧です: 酒は何度で凍るのか:

« 大規模災害時にどうなるのか少しわかりました 紀北の水害 | トップページ | 新酒あげ  これからいよいよ忙しくなる »