« 新酒しぼり始めました | トップページ | 酒は何度で凍るのか »

2009年11月13日 (金)

大規模災害時にどうなるのか少しわかりました 紀北の水害

いやひどいもんでした。11日の早朝に和歌山市、海南市の周辺で集中豪雨があり、1時間に110ミリ以上という猛烈な雨、雷もすごくて、どうなることかと思って夜明けを待ちました。
橋本に約束があり出かけたところが、県道が冠水でUターン、別のルートに変えてまたUターン、これを3回くらい繰り返していると渋滞で車が動かなくなってしまった。後で聞くと国道はそれなりに行けたというから、中に入って行った自分も悪い。このままでは午後の大阪行きも危ない。携帯電話はありがたかった。阪和線は動いているらしいと聞いてJR和歌山駅へ向かう。結局家を出て3時間半もして和歌山駅の近くにたどり着く。今度はまたコインパークが満車だらけで停める場所がない。大規模災害の交通マヒとはどんなものか思い知らされた。これで津波だ地震だでは火事やら建物倒壊も発生するだろうからもっと凄いことになるだろう。ちょっとまずい状況の時は出かける前に情報収集しないといけない。これがこの日の反省だった。蔵の屋根の一部に損傷、事務所と自宅の土間に浸水、高い金を出して作った封筒類が1箱使えなくなった。これくらいで済んでよかったというのかどうかはわからない。夜帰ると冠水の名所もきれいに水は引いていた。ちょっと渋滞は残っていたけど、まるで何もなかったようだ。

|

« 新酒しぼり始めました | トップページ | 酒は何度で凍るのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ブログの更新が無かったので心配していましたが、蔵の被害も最小限?で済んだみたいで安心しました。我が町でも去年、車両用の地下道が完全に冠水するほどのゲリラ豪雨がありましたが本当に自然の力の前ではどうしようもないと最近つくづく思わされます・・・。
出荷前のお酒に被害が及んでいないことをお祈りしております。

投稿: 7号車 | 2009年11月13日 (金) 19時19分

ご気遣いいただきありがとうございました。そっちのけで飛び回ってはいたのですが、時間的なロスの方が痛かったです。

週末、経営の勉強会に行ってましたが、もっと自分の会社の製品や実績に自信を持って、伝えろとハッパをかけられて帰ってきました。勤めている社員も楽しいと感じられる会社にしないといかん。

そう、自信を持ってないと伝わらないですよね。客観的な向上や自己満足に陥るどうこうとは別の次元のことのようです。


投稿: 不断齋 | 2009年11月16日 (月) 00時26分

 そうですよね、和歌山と大阪の間の和泉山脈にある活断層中央構造線は大学行ってた時にもう動く動くと言われ続けちびちび動いてるし、
 酒なんか真夏の暑い車内に長時間おかれると売り物になりませんし、くれぐれも気をつけてください。ではこの辺でごめんください。

投稿: 中谷 | 2009年11月18日 (水) 15時28分

和歌山北部の傾向は震度1くらいの地震が結構多いという気がするんです。何の根拠もありませんが、少しづつエネルギーを開放してくれた方が良いと言えば良いのですけど。阪神大地震の時も中央構造線以北と以南では震度が大きく違ったようです。またその構造線の周辺が住宅団地が多くてどうも気になるんです。住民の関心は今のところ津波ですが、直下型だか中央構造線のズレもそのうち来るかもしれません。

投稿: 不断齋 | 2009年11月18日 (水) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大規模災害時にどうなるのか少しわかりました 紀北の水害:

« 新酒しぼり始めました | トップページ | 酒は何度で凍るのか »