« 大和朝廷初期の都だったんだろうな | トップページ | ギフトの将来を占う »

2010年1月 5日 (火)

明日から営業です 松尾大社参拝の途次

営業、配送、事務は明日6日から営業です。私は4日、5日と近所で写真撮ったり官庁系を廻ったりしていました。3日に松尾大社もお詣りしました。これくらいはやっておかないと気持ちが維持できないので、毎年初必ず参拝しています。

今年は阪急電車で往復しました。梅田から桂まで特急で行って、嵐山線で松尾まで2駅です。座席の色合いが変わったなとか、昔の急行なみに特急の停車駅が増えたなとか、390円ならいくら高速代が安くなっても、電車が正解でしょうとかつぶやいておりました。お酒の神様ですが、厄除け交通安全の祈願者が圧倒的です。鳥居から拝殿まできっちりと屋台が並んでいて賑やかにお正月気分を醸し出しています。正面門の南寄りにお酒の資料館まであって、全国の蔵元の寄進したお酒の製造器具類を展示もしています。

Img_01342日、3日と 奈良と京都のそれぞれ郊外に行ったわけですが、今年も地味なスタートというわけです。電車や梅田の繁華街を歩いたのですが、通行人の様子からは経済危機的な所は感じられないまでも、買った物をさげ持つ人が非常に少ないと感じました。

電車から沿線の住宅街を眺めながら想いをめぐらしていたのですが、百貨店や商店街の売場を見て廻って帰ってからネットで買廻品を買う人がどの程度いるのかわからないけど、無視できない流れだ。そもそもアマゾンで小物も買ってしまう人も増えているんじゃないか、というより自分もそのうちのひとりだ。中古品までネットで買い出したら、GDPなんか爆縮しちゃうんじゃないか。試しに本など買ってみたけど充分と言えば充分だ。ああいう業者の本社は東京なんだろうから、利益や納税は地方から取られてしまうんじゃないか。いや国際企業なら海外へ漏れていくのか。地酒にしてもネット販売に取り組む販売業者がいかに増えていることか。今は販売業者に遠慮しているけど、それようの情報提供強化は必要だな。販売店は自分の取り扱うアイテムしか情報発信しない。それにしても、少々のことでは実店舗の商店街とかの活性化は難しいだろうけど、うちみたいな小規模製造業者に何かできることはあるんだろうか。

こういう課題意識は皆持っているんだろうけど、明るく楽しくは無理でも、前向きに行こうぜ、ということで明日からまた走り出すわけだな。

|

« 大和朝廷初期の都だったんだろうな | トップページ | ギフトの将来を占う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日から営業です 松尾大社参拝の途次:

« 大和朝廷初期の都だったんだろうな | トップページ | ギフトの将来を占う »