« 西の東照宮へお参りする | トップページ | JAへ行く。やっぱり農業にはなかなか手を出せない。 »

2010年1月19日 (火)

柑橘類の相場を聞いて

紀南の話を聞く機会があった。横では新潟の五百万石の入荷。2トンのトラックに、フレコン、1袋900㎏のが2個。福井の不作分を埋め合わせるため買い付けてもらった。30俵ということだが、フォークリフトも当社のではこれがぎりぎりのようだ。ちょっとつり上げてパレットの上に載せ替えてから、また倉庫へ運んでいく。紙袋30枚が化学繊維の袋1つに取って代わられる。何回も使えば資源の節約になるかと思ったが、聞いて見るとほとんど使い捨てみたいで、くれるんだったら糠用に使うという程度。紙袋を1枚ずつ開けて石抜きに流し込む手間が省けるくらいが蔵の省力化らしい。紙タイ分安くなるが、フレコンもただではないし、糠を入れる袋がなくなるから、紙袋を買わないといけなくもなる。そんなにコスト減にはならない。

平成21年は随分ゆずが豊作だったらしい。1㎏の実から200g程度の果汁が採れるそうだ。1本の木から何㎏実が採れるのか聞くのを忘れた。ゆずは実が付くとしだいに皮が厚くなってくる。果汁量を優先するのか、汁が渋くえぐみがあるから、タイミングの判断がいるそうだ。皮に香り成分も詰まっている。11月初旬実が付く、11月末には果汁量がピークになるが、月央から月末に収穫するらしい。皮を砂糖づけにしてブランデーケーキにしたり、すった皮でゆず羊羹にしたりもできる。ゆず酢、ポン酢、酒。冷凍して置いておくものもある。置いておくとまろやかになるが、当然薫りのフレッシュ感は変化するようだ。

家の裏山にもゆずの木があったはずだ。もう枯れているかもしれないが、トゲがたくさん付いていたのは知っている。農家はおかげで収穫がキツイそうだ。

みかんもそうだが、豊作と不作が交互することが多い。買い込む業者もいるようだが。

|

« 西の東照宮へお参りする | トップページ | JAへ行く。やっぱり農業にはなかなか手を出せない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柑橘類の相場を聞いて:

» 【相互リンク】SEOバックリンクドットコム‐低価格で静的なHTMLの最上位階層ページによる被リンク-無料情報提供も! [SEOバックリンクドットコム‐低価格で静的なHTMLの最上位階層ページによる被リンク-無料情報提供も!]
こんにちは!トラックバック失礼いたします!検索エンジン上位表示のためには、被リンク数をたくさん獲得をすることが必要といわれています。SEOバックリンクドットコムでは、低価格で、静的なHTMLファイルによる最上位階層ページからの上質なリンクを掲載するサービスを行っています。トラックバックを送信させていただいたサイト様へのリンクをこちらのサイトにも作成させていただいております。被リンクのご確認... [続きを読む]

受信: 2010年1月20日 (水) 05時05分

« 西の東照宮へお参りする | トップページ | JAへ行く。やっぱり農業にはなかなか手を出せない。 »