« ギフトの将来を占う | トップページ | 1月に入ると »

2010年1月 8日 (金)

龍神村へ分け入る

平成の大合併で和歌山県は50の市町村が30に併せられた。数だけはわかりやすい。一番広域にまとまったのが田辺市で、旧田辺市に加えて中辺路町、本宮町、大塔村、そして龍神村が加わった。龍神村は合併しても、田辺市龍神村と、地域の呼称に村の一字を残したが、これは誇りを守ったということか。何しろ広い。蔵からは東南方向の紀伊山地のまさに中央に広がる、山村と言えば山村だが、何か独自の存在感がある県の要みたいな所だ。

ふと秋に訪れていただいた村の方達への対応の遅れが気になり、昼前に電話を入れて三時の約束で出かける。

阪和自動車道の有田インターから国道424方面への道付きがごく最近改良されていたようだ。白馬トンネル前の隘路の付け替えと併せて大幅に時間は短縮。急がなくても一時間あれば、村には入れる。少し手前の椿山ダムで電話をして、元の村役場まで迎えに来ていただけることになった。温泉あたりは雪があるからと。

Img_0260

温泉のあるあたりは村の最奥の北東部にあり、お客は高野山からスカイラインを通って入ってくるのがメインなので、閑散期入り。第一、今日は雪でスカイラインは通行止だった。今後はこの有田側から入りやすくなる。とはいえ今日も熊野川(いやがわ)で対抗待ち合わせだし、工事は続いている。来年度の福井地区のトンネル2本開通が待たれる。

分け入っても 分け入っても は山頭火か。高い所はうっすら雪。トンネルを1本くぐるたび、雪が目に付くようになり、温泉近くになれば道の両端は雪が広がる。

観光と林業というが、今はちょっと林業は頼れない。それでも川向かいから森林組合を見れば、各種大量に丸太がきれいに並積されている。今時伐る人がいるもんだなとは思ったが、どこかで伐ったという人の話をこの前も聞いたから、また出し始めているのかもしれない。いずれにせよそう景気がいい話はない。観光は美人の湯として知られ、世界遺産登録もあって、高野山とセットで外国人にも人気。でも日帰りが増えたりで10年前に比べれば宿泊者数は三割以上減ったと聞いた。でも都会からのアイ・ターン移住者が多いところでもあるのです。やたらうまいドレッシング屋とか無農薬の何たらとか和綿とかで。

では産物は、今のところ「ゆず」と「水」?。さて、お役に立てるだろうか。いや、今年のテーマだ。あくまでポジティブにいこう。

|

« ギフトの将来を占う | トップページ | 1月に入ると »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍神村へ分け入る:

» 2010-01-09 緊急拡散【外国人参政権阻止前哨戦】 〔『水間条項』より転載〕 [【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】]
※10/31で更新停止していました拙ブログですが、以下の件にて勝手ながら緊急に更新させて頂きました※なお、下記の目的は、FAXやメールの送信ですが、この文例につき、姉妹サイトである「ガラス瓶に手紙を入れて」に公開しております。よろしくお願い申し上げます。◆◇◆以下は『水間条項』からの転載記事全文◆◇◆外国人参政権付与法案阻止が試される格好の選挙が告示されます。それは、大島など小笠原諸島を選�... [続きを読む]

受信: 2010年1月11日 (月) 20時56分

« ギフトの将来を占う | トップページ | 1月に入ると »