« 奈良漬はきゅうりからどうぞ | トップページ | 京都で舞妓さんが金屏風の前で踊るのを見る »

2010年2月 9日 (火)

技師先生に付いて蔵を廻る

Img_07852 技師の先生がお見えになる。先生はボランティアのような形で、蔵を廻って指導されるので、恐縮してしまうのだが、杜氏も社員も緊張する。私も吟醸蔵へ入ったのは久しぶりで、この時期遠慮ぎみなのだが。

現場の裁量はかなり大きいので、今年は酵母がK-1が多いというのは知らなかった。庫内の香りが去年より高い気がする。発酵は少しゆっくり目のようだ。結構泡が高く、泡消しも使用したということだ。純米大吟醸の留から9日目。泡がきれいだ。

Img_0787

|

« 奈良漬はきゅうりからどうぞ | トップページ | 京都で舞妓さんが金屏風の前で踊るのを見る »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/47520711

この記事へのトラックバック一覧です: 技師先生に付いて蔵を廻る:

« 奈良漬はきゅうりからどうぞ | トップページ | 京都で舞妓さんが金屏風の前で踊るのを見る »