« 新酒を酒場に持ち込んで利く | トップページ | 黄砂でしょうね 春 »

2010年3月18日 (木)

紀州鉄道に乗る

久しぶりに紀州鉄道に乗りました。

御坊の商工会議所で、中小企業家同友会が御坊日高支部を設立しました。その記念例会に出かけたのですが、懇親会のこともあるので、鉄道で行きます。

全国最短の営業路線2.7㎞のうち、終点のひとつ手前の市役所前で降りました。7分くらいですが、やたら揺れます。時速30㎞ほどでしょうか。以前は下半分がグリーン、上半分が肌色の、実に田舎らしいディーゼルでしたが、今はレールバスになっています。JRの紀伊御坊駅に電車が着くと、その数分後に発車するようになっているらしく、数人が乗り込むと、もう乗る者くらい前からわかっているという風で、ブザーもベルも何もなく、さっさと発車してしまいます。もちろんワンマンですが、こういう時にはあってよかったと感じます。180円はタクシーより安くバスより乗りやすいですから。

Img_1395

紀北の方からの参加者で鉄道を使ったのはどうやら私くらいのようでした。これじゃいかんわな。たいてい、車に乗り合わせて、飲めない人間が運転するというパターンのようです。そういう私も帰りは乗せていただきました。不徹底はいけませんね。

|

« 新酒を酒場に持ち込んで利く | トップページ | 黄砂でしょうね 春 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀州鉄道に乗る:

« 新酒を酒場に持ち込んで利く | トップページ | 黄砂でしょうね 春 »