« 農のシーズンに入る | トップページ | 素人写真を撮りに出掛ける 関空2期工事 »

2010年4月30日 (金)

殺生釘(せっしょうくぎ)

散歩にでも出ようかと迷っていると、売店に大学の先生が来られているという。出てみれば電話をいただいていた方で、屋根瓦等を調べられているそうで、民俗学の先生らしかった。

蔵の大屋根西端の鬼瓦に釘のようなものがついているがあれは何かという、町並み見学のお客様の質問に町並み案内ボランティアも蔵も答えられなくて、結局そんな先生まで後日問い合わせてしまったようだった。またその先生が休日を利用してわざわざ寄られてしまったようなのだ。

殺生釘といって、もともと烏除けか何かだったらしい、もちろん多分に魔除けや示威的装飾の要素もあったらしいのだ。京都あたりで明治から第一次大戦の好景気の頃流行ったそうだが、この辺りでは珍しいとか。

わざわざ自社の屋根を写すのも面倒ながらそういう質問(何を聞かれるかわからない)もあるということで、広報の一環と割り切ります。

Img_13552

鬼瓦・鬼板の上に、十本弱(7~10本程度)の釘状の金属が放射状につけられたものということですが、これは5本ですね。この建物はいつの建築だか自分でもわかりません。明治の始めくらいだろうと思いますが、それでは先生の説明と食い違いますから、後から付けたのかもしれません。それにしてもバックの漆喰が随分厚く巻いてるなと思いますが、調べるとこれが古い様式で、後ろ部分も二重にした影盛り鬼瓦になっていったと書いたサイトがあります。

江戸時代にあった蔵を曳き家で100メートルほど動かしたものだとか、それも田辺の方の醤油蔵を解体して柱や大梁を舟で運んできて古材で組んだとかも聞いたことがあります。本宅は大正5年から7年の建築とわかっていますが、それよりははるかに古いはずです。どの時点で殺生釘を付けたのでしょう。

青森あたりでは殺生釘のある蔵を観光材料にしているようです。いずれにしても先生のアドバイスとしては、建て替える時も外して保管するか、もう一度載せて下さいとのことでした。

Img_13563

 

|

« 農のシーズンに入る | トップページ | 素人写真を撮りに出掛ける 関空2期工事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 殺生釘(せっしょうくぎ):

« 農のシーズンに入る | トップページ | 素人写真を撮りに出掛ける 関空2期工事 »