« 正しい活性にごり開栓の方法 | トップページ | 紀北の桜は今が盛りです »

2010年4月 2日 (金)

1日九州を走る

後で考えると何でこんな年度末に九州まで行くことになったのかはわからない。いやがらずに会っていただいた先様には申し訳ないが。博多を朝でてレンタカーで熊本と大分の佐伯と日田を廻って、博多へ帰ると、走行距離は580㎞を超えていた。

博多の朝の高速は渋滞する。皆九州各地へ博多から営業に出かけるためで、通勤とは反対方向の渋滞があるようだ。博多が九州の経済的中心だということがよくわかるが、熊本あたりまでカバーエリアという感じで、ストロー効果なんかもあるのではないだろうか。専門商社さんも博多で訪問できたが、上海も1000㎞圏なら東京と変わりない。各地への直行便も多いし、貿易拠点としての性格も肌で感じられた。ソフトバンクのサイバー大学の話も聞けたのは為になった。やっぱり動かないとネタは得られない。

もうちょっとゆっくり廻れたら話せるかとも思ったけどたまにはいいだろう。

高校の修学旅行の頃とは違って大分自動車道ができていて、由布岳の脇を抜けていく。

Img_1718 九州も広いし、自然も多様。

延々、佐伯の豊前二見近くまで行ったが、伊勢とよく似ていて驚く。ここから鹿児島まではどう通っても6時間はかかると聞いたが、地図で確認して納得した。いやよく走った。

林業の町、日田ももう少しみたいがそんな時間もない。次回はもう少し近場を廻れるはずだ。

それにしても、和歌山メーカーの梅酒がよく浸透しているのはすごいことだ。

|

« 正しい活性にごり開栓の方法 | トップページ | 紀北の桜は今が盛りです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

http://www5.ocn.ne.jp/~koyama1/
お疲れ様でした。
↑のオーベルジュKOYAMA。もし寄れたら次回寄ってみてください。私の名前を出して下さい。
近所に「千羽鶴」の蔵があります。
小山さんは大分レストラン界の重鎮ですが、実に爽やかで誠実な人です。

投稿: 萩原 | 2010年4月 4日 (日) 00時14分

ぜひそうします。
佐渡空港の2000m化とか羽田乗り入れについてテレビでけっこう詳しくやってましたけど、大変ですよね。部外者的には、手前の田んぼへ半分伸ばして、池の方は少しに抑えてでいいと思うけど、まったく違う方向に2000mまるまるというのは不自然に見えます。そりゃぁトキへも負担でしょう。でも羽田の枠を抑えたいから、使いながら工事という発想はわかりました。佐渡なんか地理的に特殊なんだから後で特別枠というくらい配慮してあげてほしいですよね。しかし田の評価がすごいですね。あれでも時価の何割増だろう。公共事業用地は適正な時価でという建前は無理がありすぎです。公示の倍までとか少し柔軟にしないと、評価書を書かされる方も大変ですよ。

投稿: 不断齋 | 2010年4月 4日 (日) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1日九州を走る:

« 正しい活性にごり開栓の方法 | トップページ | 紀北の桜は今が盛りです »