« 無農薬の水田で草取りを眺める | トップページ | 東京スカイツリー たぶん高くなってるんでしょうね »

2010年6月23日 (水)

夏向きの生酒  壱六八 黒牛 詰口できています 

本生原酒の詰口ができたので、加水して16.8%に調整した「生酒壱六八」と共に、生酒アイテムがそろって出荷できる状態になりました。梅雨時の生酒など、なかなか怖くて避けていましたが、充填機(フィラー)と封緘機(キャッパー)部分をクリーンブース化したので何とかやれるようになりました。

Img_3408

Photo168

純米の原酒はアルコール分18%強あります。少し度数を抑えて17%弱くらいが飲みやすいのですが、多くの方に利いていただくと、やっぱり原酒にこだわる方と、これくらいがいいという方と2タイプに分かれるようで、当社は生が2アイテムになっています。ただし、濁り酒や活性にごりは今のところやっていません。

16.8%に調整というのは、テイスティングの結果で決めたことですが、壱六八でイロハと読む語呂合わせになっています。ただし「いろは」は他社が商標を持ってるようなので、あくまで16.8です。

ラインのスケジュールで出荷が途切れましたことをお詫び申し上げます。

|

« 無農薬の水田で草取りを眺める | トップページ | 東京スカイツリー たぶん高くなってるんでしょうね »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/48699895

この記事へのトラックバック一覧です: 夏向きの生酒  壱六八 黒牛 詰口できています :

« 無農薬の水田で草取りを眺める | トップページ | 東京スカイツリー たぶん高くなってるんでしょうね »